おすすめスクール
セブ島の給料はどれだけ貰えるの?

 

セブ島で働いてみたいと思う方も最近増えてきており、実際にセブ島で仕事をしていただける給料はどれくらいになるのでしょうか?

 

今回の記事では、そんなセブ島の給料事情をお伝えし、現地の給料を日本人とフィリピン人に分けてご紹介致します。

これからセブ島で働きたいと思う方は必見の内容なので是非、最後まで読んで下さい!

 

セブ島の給料

最近では円安が進み、日本円のみを稼ぐのはリスクとも言われてきています。

そんな時代に、外貨を稼いだり、生活費の安い東南アジアに移住をする日本人も増えてきています。

実際に、セブ島で仕事をして得ることの出来る給料を、日本人とフィリピン人に分けて以下でご紹介致します。

 

日本人のセブ島での給料

スキルなし、年齢関係無しで就職できるフィリピン・セブ島の仕事であれば、正社員の初任給は目安で6万ペソ前後になり、日本円で換算すると14万円前後となり、日本の給料と比べてもセブ島での給料は低いです。

しかし、日本と比べて節約を行えば、生活費は安く済むことが出来るので、フィリピンでの庶民生活レベルを下げることが出来れば、十分に生活は可能です。

しかしながら、フィリピンはインフラが長期で続き、物価と賃金も年々上がっているので、長期的に考えると月6万ペソの収入だけだと不安な部分もあります。

ちなみに、フィリピン人でも日本語検定N2などを取得していると、日系企業で日本語を使用して働ける企業もあり、給料は日本人と変わらず、高収入を狙えます。

 

フィリピン人の給料

フィリピン・セブ島で働く日本人の多くは日系企業に就職し、クライアントも日本人なので、給料も比較的高い設定になっていますが、一般的なフィリピン人が一般的な会社に就職した場合の給料は月給1〜2万ペソ程になります。

フィリピンで働く日本人と比べても大きく差があり、現在のフィリピン・セブ島の最低賃金は、日給約400ペソ程となります。

ちなみに、400ペソはフィリピンにある日系の日本食レストランで「ラーメンを一杯」食べたら約400ペソを使い切ってしまいます。

フィリピン・セブ島で高収入を狙うには

では、どのようにしてフィリピン・セブ島で高収入の仕事を狙えばいいのでしょうか?

以下では、セブ島での高収入の職業を日本人とフィリピン人に分けてご紹介致します。

フィリピン・セブ島での日本人の高収入の仕事

フィリピン・セブ島で日本人が高収入の職業を狙うには、専門的な知識があると比較的高所得な職業に就職しやすいです。

特にITの分野は求人が比較的多く、日本人のエンジニアは高所得でセブ島で就職することができます。

またマネージメント業務で求人を出している企業もあり、過去にマネージメント業務を行っており、英語またはタガログ語やビサヤ語が話せると、高収入の仕事を見つけられる可能性があります。

フィリピン人の高収入の仕事

フィリピン人の高収入の仕事は日本と似ている部分があり「弁護士・医者・企業オーナー」などになります。

セブ島は人件費がまだ安く、資金があれば出資して、次々にビジネス展開を行う富裕層のフィリピン人起業家などもいます。

まだまだ発展途上で、フィリピン・セブ島にはまだないサービスなども多く、人口が増え、毎年給料が上がっているセブ島では、これから膨大に増えるであろう中間層、そして富裕層向けのビジネスが次々にできています。

このビジネスチャンスはフィリピン人のみならず、日本人にとってもチャンスなので、起業に興味がある方は、フィリピン・セブ島に訪れるのも良いかもしれません。

セブ島の給料まとめ

セブ島では日本人の給料は、日本と比べて低いですが、毎年少しずつ給料は上がっている傾向にあり、もしかしたら、今後のセブ島での日本人の給料は改善されるかもしれません。

フィリピン=発展途上国だと思っているかもしれませんが、それは過去の情報で、マニラやセブの一部では日本と同じ様な環境のビジネスパークなども多く存在します。

上記を参考に、セブ島で就職してみてはいかがでしょうか?

 

おすすめの記事