日本語を上手に話す外国人はどうやって日本語を勉強したのか?!

YouTubeを見ていると、日本語でビデオブログを制作している外国人がたくさんいますよね。しかも日本語が非常に上手いので、日本育ちか長年日本に住んでいるのかと思って見ていると、彼らのほとんどが自国のスクールや独学で日本語を勉強したと言っているではありませんか!?

 

中には留学や旅行など一度も日本へ来た事がないという人までいるようです!

 

では、いったい彼女たちはどのようにして日本語をマスターしたのでしょうか?!

 

そのやり方(学習方法)が分かれば、同じ方法を使って日本人が英語をマスター出来るのではないかと思い、日本語を上手に話す外国人のビデオを片っ端から見てみました。

 

その結果、日本語をマスターした方法について解説しているビデオがいくつかありましたので、その内容について紹介してみたいと思います。

 

彼女たちの日本語の実力は?

まずは、以下のビデオから日本語の実力をご覧ください。

 

 

 

 

いかがですか?

 

接続詞や語尾など細かいところでは若干?というところもありますが、発音も含めて日本国内で日本語だけで暮らしていく上でも全く問題ないレベルだと思いませんか?

 

普通の日本人が英語を話した時のレベルを考えると、ほぼ完璧と言っても良いくらいだと思います。

 

これまで日本語をどうやって勉強してきたのか?

ビデオをいろいろ見ていると、自分がどうやって日本語をマスターしてきたのかについて話しているものがいくつかありましたので、その中から一つ紹介してみたいと思います。

 

【Sさんの場合】

 

まず彼女がこれまで日本語と接してきた流れを要約すると、おおよそ以下のようになります。

 

・日本語の勉強を始めたのは14才の時(カナダのハイスクール2年生)で、学校の第2外国語の選択科目でなんとなく日本語を選んだのが始まり。

 

・そのハイスクールで4年間日本語を勉強した。

 

・17才の時、日本への留学で2週間岩手県でホームステイ。(その頃はほとんど日本語が喋れなかった)

 

・2回目の日本留学は大学1年の時で、5週間ほど横浜の友達の家に滞在。(その頃は日本語もまあまあ喋れた)

 

・カナダの大学では、留学生達のアシスタントとして働いていたので、日本からの留学生達にも市内を案内したり、英語を教えたりしていた。

 

・その時日本人の友達もたくさん出来たので、日本語でもよく話していた。(これによって日本語がかなり上達した)

 

・自分としては、ちゃんとした勉強はしておらず、日本人の友達と話したり音楽を聴いたりして日本語を覚えていた。

 

・その後は、日本人の友だちに会うために何回も日本を訪れた。

 

・再度日本留学をするために1年間カナダの大学で勉強したが、主に漢字の学習で会話の上達には役立たなかった。但し、日本語能力試験のためには役に立った。

 

・19才の時、岩手県で2年間英語の先生として働いた。

 

・この間は、日本人の友だちと日本語で話していたので日本語が更に上達した。

 

・本当に使える日本語を覚えたかったら日本人の友達を作ったり、日本のドラマを見たりするのが良いと思う。

 

・ビザが切れたためカナダへ帰国。

 

・大学卒業後また日本に来たが、テキストを使った勉強はしなかった。

 

・去年、日本語能力試験を受けるため、初めてちゃんとした日本語の勉強をした。

 

彼女が推薦する語学を習得するための学習方法!

別のビデオで日本語を習得するための学習方法のまとめとして、次のように話しています。

 

1番目は、音楽CDを聞くこと。

CD

 

彼女の場合は勉強のためでなく、ただ好きだったという理由から日本語の音楽CDをいつも聞いていた。

 

バスや電車の中でCDを聞きながら歌詞を見るのが好きで、歌詞の内容を知りたいから辞書やネットで調べていた。

 

これは新しい単語を覚えるのにすごく役に立った。

 

音楽を聴くのは最も良い方法で、推薦します。

 

2番目は、映画やテレビ番組を見ること。

テレビ

 

日本の番組としては、「ガキの使い」を勧めている。

 

最初は英語の字幕を見ながらでよい。

 

内容が分かったら音声も字幕も日本語にして、知らない単語が出てきたらメモして辞書で調べる。

 

見るたびに3つずつ位の単語やフレーズを覚えていく。

 

何回も見る必要があるから、自分の好きな映画を選ぶ。

 

何回も見ているうちに字幕がいらなくなる。

 

Sさんの一番好きな映画は、北野武の「座頭市」で20回以上も見たらしい。

 

3番目は、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどを使って日本の友だちを作る。

ツイッターをする女性

 

インスタグラムを例に取ると、「#(自分の趣味)」で検索し、自分と同じ趣味を持った人のコメントを読んだり、コメントしたりする。

 

この際知らない単語が出てきたら、必ずメモして辞書で調べる。

 

Sさんの日本語習得方法についてのまとめ

Sさんが日本語ブログで言っている「自分が日本語を習得した方法」をまとめてみると、以下の通りです。

 

1.好きなCDを可能な限り聞き、知らない単語を調べて覚える。

 

2.好きな映画やテレビ番組を何度も見て、毎回3つくらいずつ単語やフレーズを覚えていく。

 

3.SNSを利用して日本人の友達を作ったり、相手のコメントを読んだりコメントしたりしながら知らない単語を覚えていく。

 

外国語を習得する上で一番重要なことは何か?

海外の友人

 

日本語を上手に操るこれらの外国人たちは、これといって特別な学習方法をやっているわけではなく、日本でも広く知られた方法を継続的にやっているにすぎません。

 

但し、日本人が英語を習得するに当たって一番不足している事は、外国人の友人を作って話をする、すなわち覚えたフレーズを実際に口に出して訓練する事ではないでしょうか?

 

最近では、日本に住んでいる外国人や留学生の人達と友だちにならなくても、インターネットを利用すれば、海外の友だちを探せるサイトなどが数多くあります。

 

そのようなところを利用して友だちを作り、スカイプなどで話したりチャットをやったりと、たとえ日本の田舎に住んでいたとしても、外国人の友だちを作ったり話したりすることは、それほど難しい事ではありませんよね?

 

当サイトで紹介しているオンライン英会話スクールの中にも激安で提供されているところがありますので、これを利用するというのも一つの手です!

 

これで、英語を習得する為にあなたがこれからやらなければならない事が少しはハッキリしてきたのではないでしょうか?!