「ワッツアップ(What’s up?)」ってどういう意味?

あなたは外国の方と挨拶を交わすとき、何と言っていますか?

 

How are you ?

 

I’m fine thank you. And you ?

 

なんて学校で習ったものをそのまま使ってるという人も多いのではないでしょうか?

 

それとも学校で習ったセンテンスなんてネイティブは誰も使ってない!と思って、だれかれ構わず「ワッツアップ(What’s up?)」を連発していませんか?

 

「ワッツアップ(What’s up?)」は誰に使っても問題ないのか?

挨拶する女性

 

日本人の場合、人にあった時の挨拶としては、「おはようございます」、「こんにちは」、「こんばんは」だけの人も多いと思いますし、何か付け加えるとしても、「お元気ですか?」や「最近どうですか?」くらいではないでしょうか?

 

久しぶりにあった人であれば、「お久しぶりです」や「お元気でしたか?」でしょうか?

 

このように日本語の挨拶はバリエーションも少ないですが、これが英語となるとかなりたくさんの言い方があるようです。

 

一例を挙げてみると、

 

How are you ?

 

How’s it going ?

 

How have you been ?

 

What’s up ?

 

What’s happening ?

 

What’s going on ?

 

上の例は全て挨拶の時に使用される言葉で、どの表現もテキストなどで見て知っているものばかりだと思います。

 

しかし、実際に外国人を目の前にすると、どれを使えば良いのか分からず、結局「How are you ?」しか使っていないという人も多いのではないでしょうか?

 

これらの表現はどれも同じようなニュアンスのもので、どれを使っても問題ないようですが、一つだけ注意が必要な点としては、「What’s up ?」のように「What」から始まる表現は、ビジネスの場やフォーマルな場面では使用しない方が良いようです。

 

なので「What’s up ?」のような表現は、相手が友達などの親しい間柄の人の場合のみ使える表現だと理解しておいた方が無難なようです。

 

くれぐれもビジネスや公式の場で「What’s up ?」を使わないようにする必要があります!

 

結局のところ、誰にでも使える「How are you ?」や「How have you been ?」など「How」から始まる表現を使っていた方が無難なようですね。

 

以下の動画は、上記も含めたたくさんある英語の表現(挨拶)についてバイリンガール英会話のチカさんが解説してくれていますので、参考にして下さい!