新着記事
長期に海外に出るときにしておきたいこと7選

「海外に長期で出る際は事前に何を準備したら良いの?」

そんな心配事を抱えていませんか?

日本を出て海外で仕事をしたい方や留学で勉強をしたい方など、

事前にどのような準備を行えば良いのでしょうか。

今回の記事では、そんな心配を解消できる

事前に準備すべきこと7選をご紹介致します!

これから日本を出て海外に出る方は必見の内容です。

日本から海外に出る前に

日本から長期で海外に出る方の多くは、何かしらの理由を持って日本を出る方が多いです。

海外赴任、ワーキングホリデー、留学や海外就職など、理由は様々です。

長期となると日本の家や家族、友人関係なども一旦、距離を置くこととなります。

オンライン化が進んだ現在でも、

なかなか遠距離ではうまくいかない人間関係もあるようですが

それ以上に海外に出ることに重要性があるのであれば

ぜひ日本を出て海外でチャレンジしてみましょう!

 

長期に海外に出るときにしておきたいこと7選

では、ここからが本題です。

長期で海外に出る前に、どのような準備を事前にしておけば良いのでしょうか?

以下では7選で、準備すべきことをまとめてご紹介致します。

住民票を抜く

まず1年以上海外に長期で行くのであれば、住民票を抜くことをおすすめします。

理由としては、国民年金や健康保険料、住民税が免除され、支払わなくて済むからです。

ちなみに海外で治療を受けた場合、日本の国民健康保険に加入しておくと

帰国時に市役所で治療費の払い戻しの申請をすることが出来るので、

持病などがある方は無理に住民票を抜かなくてもいいかもしれません。

 

宿探し

 

長期で海外に出る際に、事前に泊まる宿が決まっていると安心です。

海外赴任や海外留学の場合、事前に宿が決まっており、

指定の場所で生活するパターンもありますが

ワーキングホリデーやバックパッカー旅行の場合、

宿は自身で見つけなければなりません。

 

海外の宿探しは「booking.com」や「agoda」などの宿予約サイトのプラットフォームでかんたんに予約から決済まで出来ます。

また一ヶ月以上、同じ場所に住むのであれば「Airbnb」を利用して、

家具付きのマンション、アパートメント、コンドミニアム、

一軒家などにも快適に生活することが出来て、長期で予約すると値引きされる可能性があります。

 

海外保険

 

海外で長期で住む場合、入っておいて安心なのは海外保険です。

日本に居る際にも、オンラインで海外保険に加入することは簡単にできます。

また現地で保険に加入すると、日本で加入するよりも格安で保険に加入できるので

節約家の方にはこちらもおすすめです。

 

予防注射

 

東南アジアやアフリカに長期で渡航する場合、

マラリアや狂犬病などの予防注射を打っておいて損はありません。

外務省の各国の最新の注意情報を確認しながら、

必要に応じて予防注射を摂取してから海外に渡航しましょう!

 

SIMフリー携帯

日本では、まだまだキャリア携帯が出回っていますが、

海外に出る方はSIMフリー携帯があると非常に便利です。

空港につくと、どこの国でも現地のSIMが購入できるので、

空港につき次第、現地のSIMを所得してから空港を出るようにしましょう!

 

歯医者

 

海外保険でも一部カバーされないのが歯医者です。

もしあなたが長期で海外に行くのであれば、

事前に日本の歯医者に行っておき、

治療を済ませてから海外に出ることをおすすめします。

 

常備薬

 

もしあなたが普段、服用している常備薬があるのであれば、

まとめて日本で買ってから海外に持ち込みましょう。

海外の薬は日本の物と比べて効き目が強かったり、

人によっては体に合わなかったりするので、普段使用している常備薬を持ち運べば安心です。

 

長期に海外に出るときにしておきたいこと まとめ

「長期に海外に出るときにしておきたいこと7選」を読んで

事前に何を準備すればいいか分かりましたか?

これから海外に出る方は、

上記の7選を参考にしてから日本を出るようにしてみてください!

 

おすすめの記事