留学さえすれば誰でも英語を話せるようになるのか?

語学留学

「語学を習得するために留学する」 という話は、以前から普通に耳にする事ではありますが、留学をすれば必ず英語が話せるようになるのでしょうか?

 

留学しただけでは英語は身に付かない!

留学をする人の中にもいろいろな人がいます。

 

例えば 6ヶ月間で日常英会話を必ずマスターするという明確な目的意識を持って留学する人、とりあえず留学さえすればある程度の英語を話せるようになるだろうと思って留学する人、観光のついでに英語を身につけようと考えて留学する人・・・など等。

 

英会話を必ずマスターするというように目的意識を持って留学する人は別にしても、とりあえず留学すれば英語が身に付くだろうなどといった甘い考えは全く通用しないと思ってください。

 

目的意識をもった人であったとしても、レッスンの時以外は常に日本人と行動するといった生活を送っているような人は英会話が身に付くスピードも半減してしまうことでしょう。

 

私自身は学生時代に語学留学をした経験はありませんが、友人の中でハワイやカナダなどへ語学留学した人が何人かいました。

 

彼らの場合も、必ず英語をマスターしようといったような目的は持っておらず、両親に勧められたので、長期の旅行気分で留学したような感じでした。

 

私からすれば非常にうらやましい話でしたが!

 

約半年後に彼らが日本に帰ってきましたが、英語の授業でネイティブの講師から質問されても全く理解出来ていなかったようでした。

 

その友人たちに留学していた時の話を聞いてみると、スクールの授業を受けている時以外は、ほとんど全て留学していた他の日本人と一緒に過ごしていたそうです。

 

留学先や留学時に通うスクールによって違うと思いますが、周りが全て英語の環境の中に身を置いたとしても、その環境を上手く利用できなければ、日本国内にいてネイティブ講師がいる英会話スクールへ通うのと何ら変わりはないという事になってしまうという事ですね!

 

留学の意味をきちんと考えよう!

日本人の集まり

 

そもそも留学の目的の一つは、自分の生活環境そのものを英語だけの生活にしてしまうという事ですから、留学先で同室の人が日本人であったりレッスン以外の時間を全て日本人と過ごしていては、日本にいて英会話スクールへ毎日 6 ~ 8時間程度通っているのと何ら変わりありません。

 

せっかく英語だけで生活できる環境にいる訳ですから、その利点を十分に活かせるように工夫して生活することが重要です。

 

お金が有り余っていれば別ですが、いくら安価な地域へ留学するにしてもそれなりの留学費用が必要になるわけですから、留学するからには 「必ず英会話を身につけて帰ってくる!」 という強い決意のもとに行ってほしいものです。

 

また海外へ留学する場合、習慣や考え方、又はその国の経済状況などにより、少なからずトラブルが発生している事も事実です。

 

留学する際は、必ず留学先の国に関する情報を十分に収集し、出来る限りトラブルが発生しないように準備しておくことも、英会話を身につける上での重要な要件の一つと言えるのではないでしょうか。

 

特に英会話初心者の人の場合は、留学先で何かトラブルが発生した時のことを考えて、日本人スタッフが常駐しているスクールを利用した方が良いと思います。

 

留学先の国をどこにするか?

日本人が留学先として考える場合、アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリアといった国を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

 

お金のことは一切考える必要はないという人は別として、留学先の国をどこにするかで留学に必要な費用が大きく変わってきます。

 

欧米の国へ半年以上の留学となると、数百万円といった単位の費用が必要となってきます。

 

そこでお勧めしたいのが、フィリピンへの留学です。

セブ島

 

当サイトで紹介しているオンライン英会話を運営する会社がフィリピン留学時に通うスクールを運営していたり、日本の会社が経営するスクールも徐々に増えてきていますので、食事の面やトラブル発生時などの場合も、常駐している日本人スタッフがフォローしてくれますので安心です。

 

(参考)オンライン英会話と共にフィリピン留学が注目される訳とは?

 

フィリピン留学の場合は、欧米への留学に比較すると半分以下の費用で留学する事が可能となりますので、日本や韓国などから留学する人も当然増えてきます。

 

その為、留学先のスクールではそのほとんどが日本人や韓国人で占められていたという事もあり得ますが、例えばスクールの寮で生活する場合などは、同室の人を日本人以外にしてもらったり、休日の日も日本人以外の英語を話す外国人と常に行動を共にするといったように工夫することで、留学先では日本語を使わないという環境を作ることが可能です。

 

「常に英語を話す外国人と行動する環境を作るという事であれば、日本にいても出来るじゃないか!」と思う方もいらっしゃると思いますが、日本にいる場合は、例え英語しか話せない友人と常に行動を共にしたとしても、買い物する場合であれレストランで食事する場合であれ、必ず日本語で話しかけられるわけですから、日本にいたままで留学先の外国と同じ環境を作り出すことは不可能に近いと思います。

 

という事で、海外留学の場合は自分が生活している周りの環境を全て外国語にする事ができます。

 

つまりその環境を得られるのが海外留学の一番のメリットであると思います。

 

ですので、可能であれば留学先には日本人が誰もいないという所があれば、そういったところを選んでチャレンジすれば、語学を習得するスピードも速くなるのではないでしょうか?

 

フィリピン留学に関するパンフレットの請求はこちら↓

格安で質の高い留学ならフィリピン留学!