新着記事
フィリピンってチップ制度あり?それとも?

『フィリピンはチップ制度のある国なのでしょうか?』

日本では当たり前のようにチップを支払わない文化がありますが、

フィリピンではチップは支払う必要があるのでしょうか?

 

この記事では、これからフィリピンに渡航予定の方に向けて、

フィリピンのチップ制度に関して詳しくご紹介致します。

 

これからフィリピンに渡航する方は必見の内容です。

 

フィリピンはチップ制度はあるの?

まず気になるのがフィリピンにチップ制度が有るか否かですが、最初に結論を伝えると

フィリピンには『チップ制度は無いが、チップをあげると喜ばれる文化がある』

と言うのが、肌感的に正解だと思います。

どのシチュエーションでフィリピンはチップを支払うの?

 

では、実際にフィリピンでは

どのようなサービスを受けた際にチップを支払うと良いのでしょうか?

 

目安としては、個人的にサービスを受けた場合に

その方に直接チップを支払うと良いでしょう。

 

具体的に、フィリピンでチップを払うと喜ばれるシチュエーションとしては

『スパ・マッサージ・美容室・バーバー・ホテルの荷物持ち・タクシー・送迎の運転手・ツアーガイド』など、

直接サービスを提供してくれる方に対して、お気持ちでチップを払うと良いです。

 

実際に、お金の有るフィリピンのミドル層以上であれば、

こっそりとサービス提供者にチップを支払っているシーンをよく目にします。

そんな場合は、日本人を含む外国人も

是非少額でも良いのでチップを支払うと良いでしょう。

 

チップの支払う金額の目安

 

フィリピンでチップを支払う場合であれば、

基本的に50〜100ペソの間で問題ないと思います。

 

また500ペソ以上の高額なチップは

特別なシチュエーションを除けば、支払う必要はありません。

 

また逆に高額なチップを支払いすぎると、サービス提供側が調子に乗ってくるので

適当な金額のチップを支払うと良いでしょう。

 

フィリピンのチップの裏技

フィリピンは日本と比べてサービスの提供が遅く、イラつく瞬間があります。

そんな時にも、フィリピンのチップ制度は非常に便利です。

 

手続きや待ち時間が長い場合は、事前に担当スタッフにチップを渡して

『なるだけ早く手続きを済ませてくれないか?』と告げておきましょう。

 

チップが大好きなフィリピン人は、そのチップを事前に貰うだけで

早くサービスの提供を受けることも可能になりますので

シチュエーションによっては事前にチップを渡すのも良いでしょう。

 

チップを渡す際は、こっそり渡して

 

フィリピンはあくまでチップ制度がある国ではなく、チップをあげると喜ぶ文化なので

チップを渡す際は、こっそり渡すのが通常です。

 

なぜなら、従業員がチップを受け取っているのを上司が見かけたら、

回収されてしまう可能性があるからです。

 

もし気持ちの良いサービスをしてくれたら、こっそりとチップを渡しておきましょう。

 

もしチップを渡さなかったらどうなるの?

フィリピンはチップ制度が有るわけではないので、

ップを支払わないからと言って怒られるわけではありません。

 

しかしながら、フィリピンは貧富の差が激しいことから、

チップを支払うことで見栄を張る方も少なくなく

チップを支払わないとケチだと思われたり、

ミドル層以下だと思われる可能性はありそうです。

 

基本的には少額でいいので、チップは適当に支払いをしていた方が吉でしょう。

 

フィリピンのチップ制度まとめ

上記を読んで、フィリピンのチップ制度について理解頂けましたでしょうか?

これからフィリピンに渡航予定の方は、上記を参考にしてスムーズにチップを支払いましょう。

チップは少額の50〜100ペソが最適なので、細かいお金は常にお財布に入れておくと便利でしょう!

 

 

おすすめの記事