10年間勉強しても英語を話せない日本人!

日本人の場合、大学を出た人で考えると英語を10年間も勉強しているのに、ほとんどの日本人が英語を話せるようにならないのはいったいなぜなんでしょうか?

 

英語が通じない

 

中学校で3年間、高校で3年間、大学で4年間、というように大学を出た人で合計10年間も英語を勉強しているのに、「なぜ英語が話せないのか?」 ということがしょっちゅう話題に上りますよね。

 

私自身も学校での勉強以外にも外国への駐在経験が約4年、英会話スクールへも約1年間通いましたが、今の私の英語レベルは初級レベルかな? といったところです。

 

中学校・高校での英語教育

英語の学習

 

私が初めて英語に接した中学校時代(1970年頃)の英語の授業といえば、

 

・単語の意味、発音(完璧なカタカナでの発音)を覚える

 

・英語の文章を日本語に訳す

 

・文法

 

などが主な内容で、特に文法に関する学習が英語の授業の大半を占めていたと思います。

 

今思い出してみても、初めて接した英語の授業も他の教科とさほど変わらないお勉強といった印象を持ったような記憶があります。

 

こんな感じの授業ですから当然面白くありませんから、多くの生徒が英語を嫌いになっていったのだと思います。

 

私のまわりにも「英語が苦手」、「英語が嫌い」という人が数多くいましたから・・・。

 

高校時代を考えてみても、習う単語や文法が難しくなっただけで、授業の内容はあいかわらず読み書き中心のもので、しかも日本人講師による完璧なカタカナ英語による発音のみでした。

 

今考えてみると、中学校の最初の方で習うような簡単な文章をネイティブの人にスラッと言われても聞き取れないというのは、このような英語教育を受けてきた私にとっては当たり前の事だと理解できます。

 

なにせ中学時代も高校時代もネイティブが喋る発音を一度も聞いた事がなかったのですから!(テレビの中からは聞こえていたのでしょうが・・・)

 

現代は、小学校から英語の学習がスタートし、週に何回かは外国人の先生から本物の発音を聞きながら授業を受けられているようですので、私の時代から考えるとかなり進歩したと言えるでしょう!

 

10年後、20年後の日本人の英語のレベルがどの程度伸びているのか楽しみですね!

 

日本人のアンバランスな英語力!

外国駐在時代の話ですが、私が英文の書類を読むことに対してはそれほど苦労していないのに、英語をほとんど喋れないということについて、現地のスタッフからかなり不思議がられていました。

 

考えてみれば、日本語の新聞や雑誌をスラスラ読める外国人がいたとして、その人が全く日本語を話せないとなると確かに不思議な感じがしますよね。

 

では、日本人が英語をしゃべれる様にならないのは、全て学校教育が原因なのでしょうか?

 

学校での教育も最近では徐々にではありますが変更・修正されてきていますので、学校教育を全否定するわけではありませんが、学校教育の責任が大きい事も事実ではないでしょうか?

 

私も学生時代は、英語のテストではほとんど100点満点をとっていたのですが、社会に出て実際に英語を使わなければならない場面に遭遇して初めて自分の英語力(特に会話力)がない事を痛感させられた日のことを今でも覚えています。

 

日本語を流暢に話す外国人!?

観光旅行

 

ところでテレビ番組を見ていると、仕事などの関係で日本で暮らしている外国人や海外からの観光客へインタビューをしているシーンをよくみかけますが、流暢な日本語で答えている外国人が多いと思いませんか?

 

テレビ局側がそのような日本語の流暢な外国人を選んでインタビューしているという事もあるのでしょうが、それにしても日本語で答えている外国人が目立つような気がします。

 

彼らは、いったいどのようにして日本語を習得したのでしょうか?

 

何か特別な人達ではないかと思いきや、たまたま夫の仕事の関係で一緒に来日したという人や日本のアニメが大好きで日本へ来てみたかったというごく普通の人達ばかりです。

 

ではなぜそんなに日本語を流暢に話せるかというと、やはり彼らなりにかなり日本語を勉強したようで、特に会話の上達の為には、日本の音楽や映画・テレビ、更にはツイッターなどを利用して訓練しているようです。

 

私の友人で日本語を流暢に使いこなせるだけでなく、漢字・ひらがな・カタカナを上手く使ってほぼ完璧な文章を書ける人がいるのですが、その人に日本語習得についてたずねてみたところ、「外国語を習得するのに近道はないですね。地道に勉強し続ける事しかないと思う。」という答えが返ってきました。

 

当たり前と言えばごく当たり前のことなのですが、この継続して学習をし続けるという事がいかに重要で難しいかという事は、何度も挫折している三日坊主の私には頭の痛い話です。

 

言い訳かもしれませんが、いくら英語の単語やセンテンスをたくさん覚えたとしても、自分の周りに英語を話す環境がなければ、覚えたセンテンスなどを一度も使うことなく忘れてしまいますからね!

 

学習を継続して行う事+英語を話す環境を無理でもやり作り出す!」ことが、英語習得にとって一番大事な事なんだと思います。