オンライン英会話はまず挨拶から!

はじめてのオンライン英会話。無料体験レッスンへ申し込んでみたものの、レッスンが始まると挨拶さえも出来ないでは話になりません!まずは一般的な挨拶の仕方とレッスンの流れについて把握しておきましょう。

 

オンライン英会話レッスンの流れ

オンライン英会話での大雑把なレッスンの流れとしては、以下のようになります。(スカイプでの場合)

 

講師からの着信を受ける

予約時間になると講師からスカイプへの着信がありますので、スカイプ画面上の音声通話又はビデオ通話のアイコンをクリックして応答します。

 

*初めての講師からの場合は、事前に講師からの連絡先追加依頼が入っていますので、それを承諾しておきます。

 

挨拶を交わす

スカイプが繋がったらお互いに挨拶を交わし、名前やニックネーム、趣味などについての簡単な自己紹介をします。

 

日本人同士の場合はビジネス上であったとしても、

はじめまして、〇〇と申します。
本日は宜しくお願い致します。

程度で終わってしまうのが普通ですが、オンライン英会話で初めての講師と話すときは、こちらが何も言わなかったとしても「趣味は? どこに住んでるの? 週末はどうだった?」などなどいろいろ聞いてくるんですよね?

 

あまり自分の事を話したくない人も、外国の習慣だと割り切って、挨拶と共に簡単な自己紹介くらいは練習しておきましょう。

 

挨拶が済んだらメインのレッスン

挨拶からの流れが上手くいって、お互いに少しでも打ち解けられていると、レッスン自体も楽しくなるものです。

 

そういった意味ではオンライン英会話に限らず、挨拶や自己紹介の大切さが理解できるのではないでしょうか?

 

オンライン英会話を長続きさせ、楽しくレッスンを受けるためにも、挨拶や自己紹介くらいはスムーズに出来るようにしておきましょう!

 

レッスン終了時の挨拶

講師からレッスン終了時間が来たことを告げられたら、Bye! や See you! だけでなく、もうちょっとだけきちんとした挨拶が出来るようにしておきましょう!

 

講師としては生徒に続けてもらう事が使命ですので、気持ち良く終わってもらうように努力する事は当たり前ですが、生徒側としても講師に気持ちよくレッスンを終わってもらい、またこの生徒とのレッスンが楽しみだと思われた方が次回以降のレッスンも楽しくなるというものです。

 

こちらが受講料を払ってる立場だからという事はあまり考えず、レッスンを楽しく受け続けることで、学習を長続きさせ自分の英会話スキルをアップさせていくことに繋がるのではないでしょうか?

 

挨拶で使用されるフレーズを身に付ける!

挨拶と言っても英語の場合はいろいろなパターンがありますので、その時々の相手や時間、季節などによって使い分けられるようにしておくのがベストです。

 

レッスン開始時に使用される挨拶のフレーズ

レッスン開始時の挨拶

Nice to meet you.
Nice to meet you,too.

この表現は日本人でも良く知っている「はじめまして」ですね。

 

自分から先に言う場合は「Nice to meet you.」

 

相手が先に行ったときは「Nice to meet you,too.」と「too」を付けて言いましょう。

 

My name is Hanako.

これも決まり文句で日本人でも誰でも知っている挨拶のフレーズですね。

 

ただ、外国人の場合はほとんどの人が自分のファーストネームを言い、次回あった時からはお互いにファーストネームで呼び合うのが普通のようですが、特に私のような古い人間にとってはどうしても馴染めません!

 

英会話スクールでは、自分の名前を教える時「ファーストネーム」又は「フルネーム」で言うように習うと思いますが、私自身ヨーロッパに駐在していたころは、常にラストネーム(苗字)を言うようにしていました。

 

すると、現地の人も私のラストネームに「さん」を付けて呼んでくれていました。

 

その当時から日本人同士は「苗字+さん」で呼び合うという事を理解していたようでした。

 

なので、私からも相手に対して「Mr.+ラストネーム」で呼んでいると、「ファーストネームだけで呼んでくれ!」と言われていたのでそうしていましたが、なかなか慣れることは出来ませんでした。

 

その当時からの友人でベルギー人の彼とスカイプで話すことが時々あるのですが、いまだに私は相手のファーストネームで、彼は私の事を「〇〇san」という呼び方で呼んでくれています。

 

Please call me Hanako.

このフレーズも自分の名前を言った後に続けて言うフレーズで誰でも知ってますよね?

 

この時は、海外の慣習などにとらわれず、自分が読んでもらいたい名前を言えば良いと思います。

 

フィリピン人の講師は、日本人が「さん」を付けて呼ぶことを知っていますので、

「Please call me Hanako.」と言っても、ほとんどの講師が「Hanako-san」と呼んでくれると思います。

 

I live in Tokyo.

オンライン英会話のレッスン予約をした時点で、こちらが日本人だという事は講師側も分かっていますので、今現在どこに住んでいるか程度は知らせておいた方が話がしやすいかもしれません。

 

このようにレッスン開始時の挨拶としては、とりたてて解説するまでもないほど簡単のものばかりですので、いつでも自然に口から出てくるようにしておきましょう。

 

なお、私が中学時代に「はじめまして」の意味で習った「How do you do?」については、約4年間のヨーロッパ駐在中に一度も耳にする事はありませんでした!

 

レッスン終了時に使用される挨拶のフレーズ

レッスン終了時の挨拶

レッスン終了時の挨拶を日本語で考えてみると、

「今日のレッスンは楽しかったです。またよろしくお願いします。」

といった感じでしょうか?

 

英語での挨拶も簡単に

I enjoyed today’s lesson.

その後に続けて、日中であれば「Have a nice day!」、夜遅くであれば「Good night.」で十分です。

 

最後に「See you again.」や「See you next lesson.」と言えばよいでしょう。

 

このようにレッスン開始時や終了時の挨拶については、とりたてて解説するまでもなく、中学校の初めの頃(最近は小学校?)に習うフレーズで十分です。

 

但し、これらのフレーズを知識として知っているのと、必要な時に自然に口から出てくるのとでは大きな違いがあります!

 

こんなの誰でも知ってるよとバカにせず、何度も口に出していつでも必要な時にスラスラ言えるようにしておきましょう。

 

また、以下のものは「hanaso」というオンライン英会話スクールが提供しているものですので、参考にして頂ければと思います。

 

レッスンでよく使うフレーズ集