英会話を習得するにはどの英単語をいくつ覚えれば良いのか?

英単語

英会話を習得するためには、どの英単語をいくつ位覚えたら良いのでしょうか?

 

まずは中学校で習う英単語をマスターする!

英単語の辞書

 

日常会話レベルなら「中学校レベルの英語で十分」だとか「500語知っていればかなり話せる」といったようなことをよく目にしますが、では具体的にどの英単語をいくつ覚えたら良いかということはどこにも載っていませんよね?

 

例えば「英検のオフィシャルサイト」を見ると、「中学卒業程度で約 2,100語レベル」という書き方をしてありますが、これでいうと中学校1~3年生の教科書に出ている英単語を全て覚えてしまえば日常会話レベルとしては十分だということになります。

 

ところが、中学時代の英単語はほとんど忘れてしまったような人が、最初から英単語を覚えなおすとした場合、2,100語は難しいので 500語程度を覚えたいと思った場合などは、中学で習う約 2,100語のうちのどれを覚えたら良いかということはどこにも書いてありません。

 

このような場合、どうやって覚える英単語を決めれば良いのでしょうか?

 

自分が会話をする場合に必要となる英単語を覚える!

観光ガイドをする女性

 

その答えは、各自の生活環境やどういう場面で英語が必要となるかによって大きく変わってきます。

 

極端な例を挙げると、英語で会話をする場合はそのほとんどが「ゴルフに関する事」という人が、料理に関する英単語ばかりを覚えても仕方ありません!

 

結局は自分が英語を必要とする状況を考えて、その場面で必要になると思われる英単語を覚える事が一番効率の良い方法だということになると思います。

 

具体的な英単語の選定手順!

英単語帳

 

具体的に自分が覚えるべき英単語を選び出す際の手順としては、

 

1.英語が必要な場面を想定し、そこで出てくるような話を想像し、日本語でまとめてみる。

 

2.その日本語を英語に訳す。

(難しい場合はスポット的に英会話スクールの講師などに依頼する)

 

3.英語に訳した文章に出てくる英単語(これを覚えるべき英単語とする)を片っ端から覚える。

*単語のみで覚えるのではなく文章といっしょに覚えるのがベスト!

 

というのが一番効率が良く簡単な方法だと思います。

 

それが出来たら会話の幅を少しずつ広げていって、それに合わせた英単語を追加で覚えていくという形で使える英単語や文章の数を少しずつ増やしていけば、自分自身に必要な単語力が確実に広がっていくというわけです。

 

英語が必要となる場面が想定できない場合!

前記のように英語で会話する場面が想定できない場合は、いったいどのようにすれば良いでしょうか?

 

英語が必要となる場面が想定できないといっても全ての場面を想定することは不可能ですから、この場合は、一般的な日常会話を想定する事になると思います。

 

ここでは、参考となるサイトを二つご紹介します。

 

VOA Learning English

 

VOAホームページ

 

このサイトはアメリカ政府が運営しているもので、英語が母国語でない人々のために限られた単語数(1500語)と平易な文法を使って、通常の会話スピードの3分の1のスピードで読み上げられるラジオ放送分のスキットを話題毎に分け、提供しているサイトです。

 

コアとなる1500語に対する「Word Book」も提供されているので、知らない英単語を覚える際にも非常に便利です。

 

私も時々このサイトを利用していますが、初級レベルの私にとってはとても役に立つサイトの一つとなっています!

 

 → VOA Learning English

 

上のサイトにアクセスすると、ページ上部に「LEVEL ONE」、「LEVEL TWO」、「LEVEL THREE」というメニューが用意されていますので、自分のレベルに合ったものを聞いてリスニングの訓練に利用してください。

 

*「Word Book(約4MB)」は以下のページをご覧ください。必要に応じてダウンロードや印刷して頂ければと思います。

 

 → Word Book(pdfファイル)

 

また、英語学習初心者のための「Let’s Learn English」というコースも新設されていますので、ご利用頂ければと思います。

 

(参考)オススメ学習サイト4「Let’s Learn English」

 

Oxford Learner’s Dictionaries

Oxfordホームページ

 

このサイトは、オックスフォード大学出版局が運営しているもので、「英語を学ぶ上で最も重要な単語」として3,000語をリストアップし、提供してくれています。

 

単語のリストは、以下のリンクよりご覧ください。

 

→ The Oxford 3000™: English Dictionary (イギリス英語)

 

→ The Oxford 3000™: American English Dictionary (アメリカ英語)

 

上の単語リストに掲載された単語をクリックすると、各単語の意味や例文、発音なども確認することが出来ます。