おすすめスクール
フィリピンセブ島を襲った史上最強台風~何が必要?!~#1

皆さんは台風を知っていますか?

もちろん!私も、災害大国日本の育ちなので、知っているつもりでした。

しかし、今回の台風はそんなものじゃない!

まさか、1か月以上も電気、水道、電波がなくなるなんて!!

 

セブ島でも、1週間前からこの台風を警戒していた出身の人はどこだと思いますか?

そう、沖縄の人でした!

沖縄以外の人は、いつものように大きそうな台風が来るけど朝には通り過ぎていて、

暴風警報が続いて会社や学校が休みになればいいのに。。。くらいに思っていました。

 

2021年12月16日の夜、17時頃から風が吹き始めたので、

いつものように停電するかな?って位に感じて早めの夕食の準備。

 

そのうちコンドミニアム(日本で言うマンション)の人が停電したからということで、

今日は一軒家の家に避難しようと来ました。

20時には、一軒家でも停電が始まって街が真っ暗に。。。

日本ではあり得ませんが、信号すら消えてしまいます!

 

フィリピンでは、いきなりの計画停電、強い風、強い雨で停電になるので、

ろうそく、緊急用の充電式ライトは必須です!

 

冷蔵庫も消えちゃうので、アウトドア派でない人もクーラーボックスを持っています。

ラジオは何を言っているか分からないのとラジオ局も停電になりますので意味がないです。

(マニラのラジオは、受信できますが、日本ほど情報共有が早くないので、それもまた意味ない)

 

1週間も前から知り合いの沖縄の人に備えるように言われていたのに

何を用意すれば?ということで何もしてなかったことを後悔するのは、次の日の朝です。

 

21時には、雨が真横に通るようになって、

「こりゃ、やばいかも。。。」と思い始めます。

 

トタン屋根や色々な物が猛スピードで、飛んでいきます(笑)

この辺りは、まだ笑ってます。

フィリピン人は、パニック!外に様子を見に行こうとします。

 

日本人は、冷静に「外出はだめ!窓から離れて!」と、

学校での災害訓練がこんなに役に立つということをここで、思い知らされます!先生ありがとう!

 

このあたりで、ホテルに非難する人で観光も始まっていないのに満室です!

(ホテルはジェネレーターがあるので、電気が使えます。)

高級コンドミニアムの最上階が風で揺れ始めます。

(ちなみにセブでは地震がはとんどないので、耐震性は気になるところ)

緊急避難で、みんな一階に降りたんですが、

エレベーターが使えないので、階段で30階から降りたそうです。

 

つづく⇨

 

おすすめの記事