ツイッターを利用して英単語をマスターする!

英単語を覚えるための方法は数多く知られていますし、ネット上でもいろいろな方法が紹介されていますが、皆さんはどうやって英単語を覚えていますか?

 

今回は3日坊主でも簡単に続けられるツイッターを利用した英単語の覚え方をご紹介します。

 

iPhoneの設定については、操作に不慣れな人でも分かるように詳しく解説していますので、ぜひ利用してみて下さい。

 

iPhoneの設定を行う

まずはiPhoneの設定を行いましょう。

 

iPhoneで以下の「Twitter」のアイコンをタップします。

Twitterアイコン

 

下のツイッターの画面が開いたら、赤枠内の検索アイコンをタップします。

iPhone設定1

 

以下の画面が開いたら、検索窓に「英単語」と入力してから検索ボタンをタップします。

iPhone設定2

 

下の画面が開いたら、「ユーザー」をタップします。

 

こうする事によって、英単語についてツイートしている人をユーザー単位で表示させることが出来ます。

iPhone設定3

 

以下のように英単語関連についてツイートしているユーザーが表示されますので、自分に役立ちそうな内容をツイートしているユーザーを選んで、その人の左側のアイコンをタップします。

 

以下は例として「英検2級 英単語」を選んだ場合を表示しています。

iPhone設定4

 

すると、以下のように「英検2級 英単語」ユーザーのトップ画面が表示されますので、まず「フォローする」をタップします。

iPhone設定5

 

すると、下のように「フォローする」から「フォロー中」と変わり、その左に鐘形のアイコンが出てきますので、それをタップします。

iPhone設定6

 

Twitterの通知設定をオフにしている人の場合は、以下のように表示されますので、「設定とプライバシー」をタップします。

iPhone設定7

 

下の画面になったら、「iOSの設定を開く」をタップします。

iPhone設定8

 

以下の画面に変わったら、「通知」をタップします。

iPhone設定9

 

以下の画面で、赤枠内をタップします。

iPhone設定10

 

以下の画面が表示されたら、Twitterの通知設定は完了です。

iPhone設定11

 

元の画面に戻って鐘形のアイコンをタップすると、下の方にアカウント通知というエリアが表示されますので、「すべてのツイート」をタップします。

iPhone設定12

 

下のように鐘形のアイコンが青色に変わればOKです。念のため、鐘形のアイコンを再度タップしてみて下さい。

iPhone設定13

 

以下のように、「すべてのツイート」のところに緑色のチェックが入っていればOKです。

iPhone設定14

 

iPhoneの設定は以上となります。

 

設定したユーザーのツイートを利用する

この状態で「英検2級 英単語」さんがツイートすると、iPhoneの画面が消えている時でも、以下のように表示されますので、見落としがありません。

 

私自身も自分に役立ちそうなツイートをいくつか登録して利用しています。

 

他のやり方で単語を覚えようと思ってもなかなか続けられないのですが、この方法だと設定をOFFにしない限り、自動的に表示してくれるので、そのたびに繰り返し見る事になって、意外と覚えやすい方法の一つだと思いますので、ぜひ一度試してみて下さい。

iPhone設定15

 

あまりたくさんのユーザーを登録してしまうと、頻繁に表示されますので、嫌気がささない程度に登録するユーザーのツイートの頻度も確認した上で設定するようにしてください。

iPhone設定16