オンライン英会話の賢い使い方とは?

英語初心者

このサイトを訪れた方の多くはオンライン英会話を利用しているという人たちだと思われますが、ではオンライン英会話を利用する事で自分の英会話スキルが向上していると自信をもって言える人はどの程度いらっしゃるでしょうか?

 

「オンライン英会話で学習すれば英語を話せるようになるの?」

 

「オンライン英会話を効果的に賢く利用するにはどうすればいいの?」

 

この記事は、そんな人たちに向けて書いています。

“とりあえずオンライン英会話で” はダメ!

最近、自分の英会話スキルをアップするためにオンライン英会話を利用する人たちもかなり多くなってきたようですが、講師の方々からは以下のような事をときどき耳にする事があります。

 

「オンライン英会話を利用して頂くのはありがたいが、基本的な英単語さえ知らない(又は聞き取れない)日本人生徒が非常に多い!

 

Nice to meet you.

My name is ○○○.

Please call me △△.

 

ここまではほとんどの日本人が言えるのですが、その後が全く続かない!

 

一つ例を挙げると、”What do you do?” と質問しても、”I’m studying English.” と答えたり、今は特別な事はやってないから何と言ってよいか分からず黙り込んでしまう!

 

つまり “What do you do?” という質問が、あなたの仕事を聞いているという事自体が分かっていないという事なんですね。

 

おそらく多くの日本人は、

 

What → 何

do you → 疑問形

do → する

 

という風に学生時代に覚えているため “What do you do?” と聞かれると、”今何をしてるの?” や現在形は習慣の事だから “いつもは何してるの?” と理解してしまうのではないでしょうか?

 

ちなみには “今何をしてるの?” は、”What are you doing?” となります。

 

“いつもは何してるの?” は、”What do you usually do?” となりますが、この場合は通常 “朝は” や “日曜日は” といった時を表す副詞が続きますよね? 合ってますか?

 

私自身も以前はそんな時期もあったような覚えがあります。

 

また、講師から “Do you have any questions?” と質問された時は “No, I don’t.” と堂々と答えられるのに “Do you have any questions so far?” と質問されると “so far” がくっついただけでとたんに “???” と頭の中が真っ白になってしまい(どこかで聞いたようなセリフ)、その後は何を喋ったかも覚えていない・・・っといった経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

なぜそのような事になってしまうのか?

 

それは、自分が身に付けようとしている、あるいは身に付けなければならない英語を学習する上での最も基本的な英語が理解(習得)出来ていないからではないでしょうか?

 

この記事では「自分に必要な英語を身に付けるためのオンライン英会話の賢い使い方」という事についてご紹介してみたいと思います。

自分にとってなぜ英会話が必要かを明確にする!

海外出張

 

これについては、当サイト内でもいろんな記事の中で何度も書いている事ですが、なぜか一番重要なココを明確に出来ていない人がとても多いように思います。

 

「なんとなく英語を習ってみよう!」

 

「英語が話せるようになったらいいな~!」

 

といった程度の動機から英語の学習を始めた場合、どんなに高額なスクールで学んだとしても、どんなに優秀な講師から学んだとしても、英語を習得するまでにどれくらいの期間が必要なのか想像も出来ません。

 

だいいちどの程度英語が話せるようになったら、目的を達成したと言えるのかさえ明確でないわけですからね。

 

まずは英語の学習を始める前に、「どのレベルまで英語を話せるようになりたいのか?」という事を明確に決めておく必要があるという事です!

 

【英語学習時の目標・目的の例】

・会社で海外顧客からの電話が増えてきたため電話の受付に必要な英会話をマスターする

 

・自分のお店に来る外国人観光客が増えてきたので、接客の為の英会話をマスターする

 

・昇進試験にTOEICが追加されたので、(いつまでに)600点以上の実力をつけたい

やっぱり中学英語程度は身に付けてから!

「英語学習の目標がはっきり決まったので、早速オンライン英会話スクール学習をスタートしよう!」と思っている方、ちょっと待ってください。

 

中学・高校・大学と英語の勉強はしてきたし、学生時代の英語の成績もまあまあだったというあなた!

 

以下のページは、英検3級(中学卒業程度)の過去問のページですので、問題冊子とリスニング音源を使って問題を解いてみて下さい。

 

→ 3級の過去問・対策

 

もしこの英検3級程度の問題がチンプンカンプンだったという人の場合は、せめて何でも良いので中学英語が一冊にまとまったCD付きの教材を買ってきて、ザーッと学習しなおしてからオンライン英会話スクールのレッスンへ進むことをお勧めします。

 

(参考)英会話教材の選び方とおすすめの教材

 

中には「中学英語もほとんど理解出来ないまま、日本語が全く分からないネイティブ講師とフリートークを行う」といった無謀な方もいらっしゃるようですが、これではスキルアップどころか、ますます英語恐怖症が増大してしまう可能性大です!

 

まずは、中学レベルの英語を完璧でなくても良いので、ある程度理解出来るレベルまで達する事に専念しましょう!

自分の目的に合ったオンライン英会話スクールを見つける

受講料に対する条件

 

英語を学習する目的や目標が明確になり、中学英語が理解出来るレベルに達したら、次はいよいよ自分の目的に合ったオンライン英会話スクールを見つけましょう。

 

オンライン英会話スクールといっても、現状主なスクールだけでも100校以上もありますので、見つけるだけでも大変な作業です。

 

ですので、”これだけは譲れない” という条件を明確にしておく必要があります。

 

【これだけは譲れない条件の例】

・1ヶ月あたりの受講料が10,000円以下

 

・1週間あたりのレッスン数が5回以上

 

・21時~24時までの間にレッスンが提供されている

 

・レッスン開始時間の30分前までの予約・キャンセルが可能

 

・簡単な日本語が分かる外国人講師

 

上記以外にも自分が学習したい内容のコースがあれば理想的ですが、どのスクールもそこまで細かいコースを設定していないので、無料体験などを受けた際に自分の学びたい学習を提供出来るかどうかの確認が必要です。

 

また、スクールは無理やり一つに絞る必要はなく、スクールAでは日本人講師から英文法をしっかり学び、スクールBでは会話練習を多くするために格安のスクールでフィリピン講師相手に練習する、といったように2校以上の複数のスクールを利用する事も賢い利用法の一つだと思います。。

オンライン英会話受講にあたって必要なものを確認する

パソコン・ヘッドセット

 

英語を学習する目的が明確になり、自分の条件に合ったオンライン英会話スクールがある程度見つかったら、次はそれらのスクールで無料体験レッスンを受けることになります。

 

通学制の英会話スクールの場合は問題になる事はありませんが、オンライン英会話の場合はインターネットを通してレッスンが行われますので、そのための設備が必要となってきます。

 

この記事が読めているという事は既にインターネット環境が整っているという事になりますが、特に古いパソコンを使っていたり、回線スピードが極端に遅い地域に住んでいる場合は、オンライン英会話でレッスンを受ける事が出来る環境が整っているかどうかを確認しておいた方が無難です。

 

詳しい確認方法は、以下の記事にまとめていますので参考にしてみて下さい。

 

(参考)オンライン英会話でレッスンを受講するために必要なものは?

 

5年以内に購入したような新しいパソコン、スマートフォン、iPadであれば問題になる事はないと思いますが、マイクやスピーカが内蔵されていない場合は、ヘッドセットやWebカメラを購入する必要も出てきますので、念のために前もって確認しておきましょう。

 

なお、自分のパソコンがスクールの推奨するスペックを満足していなかった場合でも、問題なくレッスンを行える場合もありますので、最終的には目的のスクールで無料体験レッスンを受けた上で判断するようにしてください。

オンライン英会話の賢い使い方

スクールのホームページに書いてある内容が自分にとってピッタリのスクールだったとしても、実際に入校してみたら、”自分の思っていたものと全く違う” という事もあり得ますので、いきなり受講料を振り込んで入校手続きをするのは止めましょう!

 

ほとんどのオンライン英会話スクールが数回程度の無料体験レッスンを提供していますので、そのスクールが実際にどのようなレッスンを行ってくれるのかという事を前もって確認した上で、正式な入校手続きを行うようにしてください。

 

ここでオンライン英会話を賢く利用するためのワンポイントアドバイスを一つ。

 

もしあなただったら、以下のスクールのうちどちらを選びますか?

 

1.大手企業が運営していて講師数も数百人レベル、予約/キャンセルなどの手続きも数クリックで完了するようなシステム化された大規模スクール

 

2.ほぼ個人運営の形態で、講師の数も数人レベル、手続きなども一部メールのやり取りといったマニュアル的な作業が必要な小規模スクール

 

いかがでしょうか?

 

ほとんどの方は、1のほうの大規模スクールを選ぶと思いますがあなたはいかがですか?

 

確かに大規模なスクールの方が、講師の数も多いので自分の受けたい時間帯で予約を取る事や、たくさんの講師の中から気に入った講師を選ぶことができるでしょう。

 

しかし、その数多くの講師の中から選んだ講師が、あなたの学習目的を最短で達成出来るようなレッスンをやってくれるとは限りません。

 

それは、学習システムの問題であったり、教材の問題であったり、講師のスキルの問題かもしれません!

 

例えば講師が100人位在籍しているスクールであれば、たとえ理想的な講師が1割しかいなかったとしても10人はいるわけですから、講師が数人しか在籍していないスクールと比べたら理想の講師を見つけやすいと言えるでしょう。

 

しかし講師が数人程度しか在籍していないような小規模なスクールであっても、これは私の経験上の話になりますが、どんなにわがままなお願いをしても、それを達成させるための学習方法を一生懸命考えて実践してくれた講師も実際にいました。

 

どちらかと言うと、小規模スクールの方が確立されたシステムがない分、臨機応変な対応が可能なのかもしれませんね!

 

但し、ここで一番問題になるのが “講師の質” です。

 

突然ですが、英語を学習する上で一番大切な事は何だと思いますか?

 

本人のやる気は勿論のこと、カリキュラム・教材・学習時間などどれも大切なものだと思いますが、私が考える英語を学習する上で大切なのは “講師の質” だと思っています。

 

私自身、これまで100校以上のオンライン英会話スクールを受講した経験がありますが、「なぜこんな個人運営みたいな小さなスクールにこんなにスゴイ先生がいるんだろうか?」と不思議とも思えるような講師に出会った事も何度かありました。

 

また、大手企業が運営する大規模スクールの中にも、何回講師を変更しても以下のような講師ばかりといったところまでありました。

 

・物を食べながらレッスンを行う

・隣に座っている講師とペチャクチャ喋りながらレッスンを行う

・質問をしても適当に答える、又は答えられない

 

私の場合は連続的にではありませんが、仕事の関係で英語が必要になる場合があるため、その都度オンライン英会話スクールを利用しています。

 

その場合、文法的な事を詳しく知りたい時はこのスクールのこの講師、ビジネスマナーを含めたビジネス英語を学びたい時はこのスクールのこの講師、とにかく数多く話す練習をしたい時はこのスクールで講師は誰でも良い・・・といった形で、5校前後のスクールと10名前後の講師を決めて受講するようにしています。

 

いつも同じ講師からレッスンを受ける事で、講師の方も私の学習目的を理解しているので、今回はこんなレッスンをといったようにいろんな提案もして頂けます。

 

今回の記事では私自身の経験談をたくさん書かせて頂きましたが、あなたにとって何か参考になるものはありましたでしょうか?

 

オンライン英会話だけでなく、通学制の英会話スクールであれ、一般の学習塾や家庭教師などであっても、最終的にはいかにスキルの高い良い講師に出会えるかどうかが、あなたの学習目的を達成できるかどうかの大きな一因になると考えています。

 

もちろん、あなた自身の努力が一番ですが!