ベルギーにおける2020年1月現在の治安状況について

ベルギーの軍隊

ベルギーの友人から2020年1月現在のベルギーにおける治安状況について連絡がありましたので、ご紹介します。

 

以下はベルギー人の友人から送られてきた「現状のベルギーにおける治安状況」に関するメールの概要です。

 

--------ここから--------

 

全般的には、2019年1月以降ベルギーの治安状況はそれほど変わっていません。

 

脅威に対する危険性のレベルは、2018年1月に国全体でレベル2(最大レベルは4)に引き下げられました。

 

但し、原子力発電所や空港などの特別なエリアではレベル3のままで今も変わっていません。

 

私が以前連絡したように、ベルギーの軍隊はベルギー警察の治安業務を支援しており、ブリュッセルとアントワープでパトロールを行っています。

 

なお、パトロールを実施している実際の兵士の数は、セキュリティ上の理由から公開されていません。

 

最近のマスコミの記事によると、パトロールに従事している兵士の数は減少しているようです。

 

それは、ベルギーにおけるセキュリティに関連する任務は、軍の任務の範囲ではないからです。

 

総務省の危機センターは、定期的に実施される国際的な行事に対する評価を行い、脅威に対する危険性レベルを変更する必要があるかどうかを決定します。

 

--------ここまで--------

 

上記のように軍隊による支援については徐々に減少してきているようですが、全般的な治安状況やセキュリティレベルについては、それほど変化がないようですね。

 

ベルギーを訪れる観光客も徐々に増えてきているそうですが、ベルギーを訪れる予定のある方は油断せずにベルギー安全情報などを十分に確認した上で行動して頂きたいと思います。