アメリカ英語とイギリス英語のどちらを学習すればよいのか?

アメリカ国旗、イギリス国旗

英語を学習し始めの頃、「アメリカ英語」と「イギリス英語」のどちらを学習すべきか? という事で悩んだ経験はありませんか?

 

私自身は、海外に駐在していた時に初めてイギリス人の生の英語を聞いて、いままで話したことのあるアメリカ人の英語とはなかり違うなと感じた経験があります。

 

では、英語を学習する際は「アメリカ英語」と「イギリス英語」のどちらを学習すればよいのでしょうか?

 

英語は「アメリカ英語」と「イギリス英語」の二種類ではない!

そもそも英語と言っても 「アメリカ英語」 と 「イギリス英語」 の二つに限定できるものではありませんよね。

 

カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどで話される英語、更には香港、フィリピン、中近東などで話される英語など、英語が話されている地域の人口を世界レベルで見てみるとアメリカ、イギリス以外で話されている英語のほうがよっぽど多いのです。

 

海外出張をされる方なら分かると思いますが、慣れるまでは何語を話しているのか全く分からないような英語を平気で喋っている外国人が大勢います。

 

しかも、そのような人は自分の英語に自信を持っているのか、発音やイントネーション、特に時制(現在形・過去形・未来形)もかなりいい加減と思われるような英語を堂々と話しているのです。

 

しかし、このような人たちの英語でさえもきちんと相手に伝わり、ビジネス上の会話も成立しているわけです。

 

日本人であれば、上手く発音出来なかったり正しい文章が言えないと口ごもって喋る事を躊躇する人が多いと思いますが、このあたりの国民性のようなものが、日本人がなかなか英語を話せるようにならない一因となっているのだと思います。

 

ネイティブスピーカーが話す英語も一種類ではない!

私もヨーロッパに駐在していた頃、イギリス人の話す英語は日本で聞いていた学習用のCDから聞こえてくる音と全く同じものだと思っていたのですが、実際に聞いてみると全く違った発音だったことにとても驚いた事を思い出します。

 

仕事の関係でイギリス人と話す機会が何度もありましたが、私にとっては英語以外の言葉を話しているんじゃないかと認識してしまうほどでした。

 

どちらかというと、ドイツ人やベルギー人の話す英語のほうが、日本にいた頃にCDなどで聞いていた発音に近いということも数多く経験しました。

 

確かにアメリカ英語とイギリス英語とでは、その国でしか通じないような慣用句などもあるようですが、世界共通語として英語をとらえた場合は、特に意識する必要もないと思います。

 

どちらか選ぶ必要があれば「アメリカ英語」を!

どうしてもどちらか一方に決めないと学習しづらいというのであれば、日本にいれば接する機会も若干確立が高くなると思われる「アメリカ英語」の方で学習されてみてはいかがでしょうか?

 

当サイトで紹介しているオンライン英会話の場合、その多くが講師としてフィリピン人を雇用していますので、フィリピン講師のオンライン英会話でレッスンを受ける場合は、必然的にアメリカ英語を習う事になります。

 

どうしてもイギリス英語を習う必要がある場合は、イギリス人の講師が在籍しているスクールを探してみて下さい。

 

(参考)ネイティブ講師が在籍しているオンライン英会話スクール一覧

 

アメリカ英語とイギリス英語の違い(参考)

アメリカ英語とイギリス英語について分かりやすく解説してある動画がありましたので、参考にしてみて下さい。

 

上の動画では、アメリカ英語とイギリス英語の違いについて以下の5つに分けて解説していますが、細かく見ていくと結構いろいろな違いがあるんですね。

1.発音の違い

2.単語の意味の違い

3.スペルの違い

4.イントネーションの違い

5.スラングの違い