初心者にとって発音の矯正は必要か?

英会話スクールなどへ行くと、英語を発音する際の口の形や舌の位置などについて練習させられる事が多いと思いますが、このような訓練って本当に必要なのでしょうか?

 

発音練習

 

ネイティブ並みに発音できる人はほとんどいない!

もちろんネイティブと同じ発音が出来るようになるのであれば練習すべきでしょうが、あなたの周りの英語学習者のことを考えてみてください。

 

ほぼ完璧にネイティブ並みの発音が出来ている人はいらっしゃいますか?

 

私の知っている英語ペラペラの人であっても、ネイティブの人と比較するとまるで日本語的発音の人がほとんどです。

 

その状態で実際通訳として仕事をしている人もいますので、今から英会話を習得しようとする人が、いくら口の形や舌の位置などと言って練習したとしてもすぐにネイティブなみの発音が出来るようになるとは思えません。

 

口の形や舌の位置による発音訓練は必要か?

教える側から言わせれば、口の形などの練習を積み重ねていく事で、少しずつ発音が良くなっていくのだと言うのでしょうが、そのような練習をする時間があるくらいなら、ネイティブの発音を真似て口から英語を出す(話す)練習をしたほうがよっぽど英会話習得にとっては効果があると考えます。

 

会話が成り立たなければ意味がない!

ちょっとくらい発音が良くなったとしても、言いたい事が口から出なければ、発音どころか会話そのものが成り立たないわけですからね。

 

ある程度会話が出来るようになってから、少しずつ発音の矯正をしていけば良いのではないでしょか?

 

どんなに長年しみついた日本語式英語の発音であっても、きちんとした練習さえすれば、だれでもネイティブの発音に近づける事は可能でしょうが、まずは会話が成立する事、思った事がすぐに口から出せる事を第一の目標に練習していったほうが良いと思います。