急増する子供向けのオンライン英会話スクールについて

平成23年度(2011年度)より、小学校において新学習指導要領が全面実施され、第5・第6学年で年間35単位時間の「外国語活動」が必修化されました。

 

また、文部科学省の「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」を受けて平成26年2月に有識者会議が設置され、小・中・高等学校を通じた英語教育改革について審議が重ねられており、国としてもやっと子供への英会話習得に対して本腰を入れた英語教育改革に取り組む姿勢を見せています。

 

日本の国としても急速なグローバル化の進展の中で、英語力の一層の充実は我が国にとって極めて重要な問題である事が認識されてきたものと期待しています。

 

今後は、子供への英会話習得を徹底させることにより、これまでのように中学から大学まで10年間英語の勉強をしてもほとんどの日本人が簡単な日常会話さえ満足に出来ないといった事が少しでも解消されることを願うばかりです。

 

子供向けオンライン英会話スクールの現状

オンライン英会話スクールもまだまだ増加傾向にありますが、最近では特に子供向けに特化したスクールも徐々に増えてきています。

 

当サイトがご紹介しているスクールの中でも以下の7校は、完全に子供専門のオンライン英会話スクールとして運営されています。

 

1.GLOBAL CROWN

GLOBAL CROWN

 

2.リップルキッズパーク 

リップルキッズパーク

 

3.hanaso kids(ハナソ キッズ) 

hanaso kids(ハナソ キッズ)

 

4.ハッチリンクジュニア 

ハッチリンクジュニア

 

5.キッズスター★イングリッシュ 

キッズスター★イングリッシュ

 

6.Sレッスン

Sレッスン

 

7.ワールドアイキッズ

ワールドアイキッズ

 

子供向けオンライン英会話スクールを選ぶメリット

ミキハウス総研が2015年10月に実施した調査によると、習い事をしている子供の割合は46.6%(およそ2人に1人)に上り、2つ以上通わせている人も19.8%(およそ5人に1人)もいるそうです。

 

また同調査による「子供の習い事人気ランキング ベスト10」では、英会話はスイミング、ピアノに続いて第3位となっています。

 

ところで子供に習い事をさせる場合、一番大変なのが月謝と共に「子供の送り迎えをどうするか?」という事ではないでしょうか?

 

特に仕事を持つ親の場合、子供の習い事に合わせて送り迎えをするという事はかなりの負担になってきます。

 

交通機関を使って通わせたり、スクールが家の近くであれば徒歩や自転車で通わせるといった事も考えられますが、最近では子供に対する理不尽な事件等を報道でも良く目にするようになりましたし、可能な限り送り迎えをしてあげたいというのが親心というものだと思います。

 

子供の習い事を「英会話」に限ってみると、オンライン英会話スクールの場合は通う必要がありませんし、受講料も通学制のスクールと比較するとかなり低価格となっていますので、子供に英会話を習わせたいと思っている親御さんにとっては願ったり叶ったりのスクールと言えるのではないでしょうか?