オンライン英会話の効果的な活用法とは?

当サイト(オンライン英会話スクール比較サイト)を運営していると、体験談だけではなく実に様々なご意見等を頂きます。

 

オンラインレッスン受講

 

それらの中には、

 

「オンライン英会話を利用してみたがあまり役に立たなかった。」

 

などといったご意見を頂くこともあります。

 

これとは反対にとても役に立ったといったご意見もたくさん頂くのですが、役に立たなかったという方については、

 

1.なぜ役に立たなかったのか?

 

2.どうすればオンライン英会話を効果的に活用できるのか?

 

という点について、当サイトがいろいろな方々から得た情報、及び私自身の受講経験をもとに、主に入門者/初心者レベルの方を対象にまとめてみました。

 

オンライン英会話でいきなりフリートークは?!

私も以前、英会話スキルを上達させるためには日本語が全く分からない講師を選んで、とにかくたくさん会話することが重要だと思いフリートークを申し込んだものの、実際にレッスンが始まると「あ~~~う~~~」ばかりでほとんど言葉が出てこなかったという苦い経験があります!

 

英語に関しては学生時代から成績が良く結構自信があったのですが、実際に会話をする場面になると、最初の挨拶程度でその後はほとんど会話になりませんでした。

 

考えてみると、普段ほとんど英語を使っていない状態でいきなり英語で会話をしようと思っても出来るはずがないのは当たり前の事ですので、特に初心者の方がいきなりフリートークを行うことは避けた方が無難です!

 

中学程度の文法と単語は身につけてから!!!

英語の辞書

 

英文法の要否については意見が分かれるところだと思いますが、これから英会話のレッスンを受けたいと考えている人であれば、せめて中学校で習う程度の文法や単語は身につけておいた方が良いと思います。

 

極端な話、ほとんど単語を知らない状態でどんなに簡単な文章でゆっくり質問されたとしても、あるいはチャット機能で文字をタイプしてもらったとしても、いちいち辞書で意味を調べる必要がありますから、会話どころではありませんよね?

 

よく「全ての単語が分からなくても前後の文脈から判断・・・」などと言われますが、前後の文脈の単語もほとんど分からなければ、理解のしようもないわけです!

 

というわけで、まずは中学程度の文法や単語を身につけてから、又はそれらが身についているか確認した上で、オンライン英会話を活用して頂くことをお勧めします。

 

最近では携帯用のアプリもたくさんありますので、「中学 英単語」などで検索して自分のレベルに合ったもの(最初は単語数の少な目なもの)から身に付けておきましょう。

 

また、オンライン英会話のレッスンの中で使用される表現について、スクールのホームページ上で紹介されているところもありますので、事前に調べて学習しておきましょう。

 

日本人講師によるレッスンも効果的!

日本人講師

 

中学程度の文法や単語があまり身についていないので、まずはそれからやり始めたが長続きしない!・・・という方には、オンライン英会話スクールで日本人の講師にレッスンをやってもらう、というのも一つの手だと思います!

 

講師が日本人であれば、あなたが英語を身につけていくにはどうすれば良いか? といった質問に対しても日本語でアドバイスをしてもらえますからね。

 

それに日本人講師といっても長期間の海外滞在経験があったり、現在海外に住んでいるという人も多く、英語の発音もネイティブと変わらないようなレベルの方もたくさんいらっしゃいますので、発音の練習についてもきちんとやって頂けます。

 

という事で、最初は日本人講師のレッスンを受けながら、自分に不足している学習を並行してやっていくという方法もありだと思います。

 

どうせやるならネイティブ講師に習いたい!

ネイティブ講師

 

せっかくオンライン英会話スクールへお金を払って習うのだから「最初からネイティブの講師に習いたい」という方も多いのではないでしょうか?

 

ネイティブ講師であっても日本語ペラペラの講師もいるようですので、そういう人を探して日本語を交えて教えてもらうという方法もありますが、日本語ペラペラのネイティブ講師はそうたくさんいるわけではありません。

 

それでは、どうしても最初からネイティブ講師から習いたいという人はどうすれば良いでしょうか?

 

一つの方法としては、テキストに沿ったレッスンをやってもらう・・・というやり方があります。

 

決まったテキストを順番に学習するのであれば、次回のレッスンの前に予習をしておくことで、学習する内容については前もって把握できますので初心者レベルの人でも一応レッスンについていくことは可能でしょう。

 

もしレッスンに使用するテキストを指定出来るという事であれば、中学レベルの文法を基礎から学習できるようなものを選び、レッスンを通して中学レベルの文法と単語やセンテンスを同時に学習していくといったスタイルであっても良いかもしれませんね。

 

但しここで一つ注意しておいて頂きたい事があります!

 

それは、「ネイティブ講師であっても教え方が上手いとは限らない!」という点です。

 

考えてみれば当たり前の事なのですが、例えば日本人であっても正しい日本語を外国人へ教えるためには、日本語に対する文法の知識も必要ですし、教え方に対するいろんなテクニックなども必要になるわけです。

 

日本人の場合、相手が欧米人であるというだけで教え方も上手いと勘違いしている方が結構いるようですので、実際にネイティブ講師に教えてもらう際は、その講師のこれまでの講師歴や受講者からのコメントなどをスクールのホームページ等で確認するようにしておきましょう!

 

自分に合った講師を見つける!

楽しい講師

 

頻繁にレッスンを受けたいという人にとっては、どの先生から習うかという事も重要なポイントになります。

 

特に毎日1レッスン以上受講している人にとって、あまりにも厳しい先生であったり、話していてあまり楽しくないような先生では学習意欲も薄れてしまいますよね。

 

レッスンに慣れるまでは、あまり他の事は気にせずイケメンの先生、或いは超カワイイ先生であっても良いと思います。

 

そのことで自分のテンションが上がり、夢中になってなんとか英語を話そうと努力する事が出来れば、それだけでも英会話習得に一歩近づいたと言ってもよいでしょう!

 

但し、特定の講師にあまりにも夢中になり過ぎて英語の学習がおろそかになってしまっては元も子もありませんが・・・。

 

講師と話すことにある程度慣れてきたら、徐々にいろんな講師からレッスンを受ける事をお勧めします。

 

ずっと一人の先生から習っていると、上手く喋れていなくてもなんとなく会話が成立してしまうようになったり、いざ他の人と英語で話してみた時に、いつも話している講師の発音に慣れすぎてしまったために相手の言っていることが理解出来なくなるといった心配も出てきますからね。

 

いずれにしても、どうせお金を払ってレッスンを受けるのであれば、楽しくレッスンを受けながら自然に英語が上達していけるような先生を見つけるようにしたいものです。

 

オンライン英会話は毎日やるのが効果的!!!

スポーツジム

 

どんな習い事でも同じだと思いますが、特に語学の場合は毎日少しずつでも継続することがとても重要であると言われています。

 

私の場合もそうでしたが、「ある期間集中して学習し、その後は何もしない」というやり方よりは、「毎日5分ずつでも継続して学習を行う」ほうが学習効果は上がるようです。

 

日本で生活しているとなかなか難しいことですが、毎日少しの時間ずつでも英語に接するような習慣作りをしてみましょう。

 

英語に接する方法としては、「英語の書物を読む」、「海外映画・ドラマを見る」、「英語教材のCDを聞く」など何でも良いと思います。

 

但し、英語の本を読む際は声を出して読む、海外映画を見る際は出演者のセリフを真似して言ってみるといったように声を出すことを心がけるとより効果的です!

 

また、最近では1回25分間のレッスンを毎日受講しても1ヶ月あたり10,000円以下というオンライン英会話スクールもたくさんありますので、上手に活用したいものです。

 

オンライン英会話で効果を上げるために必要な期間は?

カレンダー

「オンライン英会話で効果を上げるためにはどれくらいの期間が必要か?」といった質問もよくいただきます。

 

この答えについては、人によって以下の内容が大きく異なりますので、一概に「何か月」とか「何年以上」といった答えを出す事は不可能です!

 

・現状の英会話スキル(簡単な日常会話は出来るなど)

 

・習得したい英会話スキル(基本的なビジネス上での会話習得など)

 

・学習に使用できる一日あたりの時間

 

ある機関の調査によると、日本人が英語を習得する為に必要な時間は、2,000時間とも3,000時間とも言われています。

 

仮に2,000時間必要だと仮定すると、オンライン英会話で1回あたり25分のレッスンを1日4回(100分)毎日受講し続けたとして、

 

60分×2,000時間÷100分=1,200日

 

となり、約3年3ヵ月が必要になるという事が分かります。

 

毎日100分間のレッスンを受け続けて3年以上もかかるわけですから、英会話スクールへ週に1回50分のレッスンを受講するために通っているような人であれば、なんと40年以上もかかるという計算になってしまいます!

 

但し、この数字は英語に全く接した事がない日本人が英語を習得すると仮定した場合のものですから、一般的な日本人であれば中学・高校と6年間は英語を習っているわけなので、ここまでの期間が必要になる事はありません。

 

しかし、学校を卒業してから何年も経つが英語にはほとんど接してこなかったという人であれば、ある程度の英語のスキルを身に付ける為には、数年単位の期間が必要になるものと思われます。

 

あまりこのような事を書くと、英語学習のスタート前から諦めムードを作ってしまいそうですが、いづれにしても「英語を身に付けるのはそう簡単ではない!」という事を理解した上で取り組む必要があるのではないでしょうか?

 

ただ、例えば「1人で海外旅行をしても困らない程度の英語を身に付けたい」という人の場合であれば、

 

・空港のカウンターで必要となる会話

 

・ホテルのチェックイン・チェックアウトの時に必要となる会話

 

・タクシーに乗る際やレストランで注文する際に必要となる会話

 

などのようにある程度限られた場面で必要となる英会話をマスターしておけば良いわけですので、1日あたりの学習時間にもよりますが、2~3ヵ月もあれば十分マスターできるものと思います。

 

なので、あまりあれやこれやと考えすぎずに、まずは第一ステップとしてのなるべく簡単な目標を決め、その目標に向って自分の出来る範囲内で毎日(時間の取れない日は5分だけでも)学習を続けていくことが大切です!