口に出す訓練を徹底的にやる!

英会話学習について議論される場合、「まず英語が聞き取れなければ話にならないのでリスニングの訓練を徹底的にやること!」 というような事をよく耳にしますよね?

 

これについて、あなたはどう思いますか?

 

リスニングが出来れば心配ないか??

リスニング中の女性

確かに相手が言ったことがまったく理解出来なければ会話は成立しませんが、私の約10年間の海外生活のなかから得た教訓は、「自分の言いたい事が相手に伝えられなければ生活できない!」 という事です。

 

実際に相手と会話をしているところを想像してみて下さい。

 

ビジネスの世界では特にそうですが、相手の言っていることが分らなければ仕事になりません。

 

なので、自分が理解出来るまで何度も聞き返していると、相手もこちらの会話のレベルが分かるため、やさしい単語に変えて話してくれますので、時間の差はあるにせよ最終的には理解できるものです。

 

ところが、自分の言いたい事が言えない場合はどうでしょうか?

 

ボディランゲージにも限界がありますし、「言えなくても紙に書いて伝えることが出来るぞ」 という反論もあるかと思いますが、紙に書けるくらいならその文章を口で言えるはずです。

 

日本人は、「英語の文字を見て理解する」、「英語を聞いて理解する」 という英語から日本語へ変換する訓練はよくやっているのですが、「自分の言いたい日本語を英語で話す」といった日本語から英語へ変換する訓練はあまりやられていないのではないでしょうか?

 

特に意識したこともないという方も多いと思います。

 

口に出して英語を話す訓練が最も重要!

口に出す練習をする女性

これはどうしてかというと、日本の学校教育では英語を作文したり、台本(教科書)にそった会話練習はやられていますが、自分の言いたいことを英語で話す。

 

つまり、英語によるフリーな会話の訓練は行っていませんよね?

 

私もいくつかの英会話スクールに通いましたが、英会話スクールでさえも 「フリーな会話が出来るようになる訓練」 というものはなかったような気がします。(スクールによって違うでしょうから一概には言えないと思いますが)

 

私もこれが出来なかったおかげで、海外駐在時代にとってもみじめで悔しい思いを何度もあじわってきました。

 

あなたには、わたしと同じ思いをしていただきたくないので、このサイトにある情報をきっかけにして、「言いたいことを即英語で口に出して言う」 という訓練をたくさんやるようにしてくださいね。

 

 


 

当サイトに関するご意見をお待ちしています。
ご意見等はこちらからお願い致します。