リスニング訓練はレベルを下げて!

前のページでは「口に出す訓練」の重要性について書きましたが、特にビジネスの世界では相手の言っていることが分らなければ仕事にならない場合も結構あるものです。

 

リスニングの訓練は自分のレベルに合ったもので!

リスニング用CD

 

わたしも最初の頃は 「ビジネス英会話」 のようなちょっと難しめのテープ(当時はCDは無し) をいろいろ買ってきては聞いていましたが、なかなか上達せずに悩んだものでした。

 

その要因についていろいろと考えてみたのですが、やはり一番の要因としては、

 

その時点での自分のリスニングレベルに合っていないものを使用していたため、苦痛を感じてしまった!

 

という事が考えられます。

 

いったん苦痛を感じてしまうと、リスニング自体に集中できなくなりますので、レベルアップにつながるわけがありませんよね?

 

では、どうすれば良いのか?

 

自分自身のリスニング力を把握する!

ところで私が実際に海外で生活してみてはっきり分ったことがあります。

リスニングレベル

 

それは 「自分が理解出来ないのは、相手が難しい単語や文章を話しているからではなく簡単な単語や文章が聞き取れていないから!」 ということでした。

 

例えば空港のカウンターでの “Are you going to Tokyo ?” や高速道路のレストランでの “You don’t have to pay.” などの中学校の教科書に出てくる程度の英語が聞き取れていなかったのです。

 

従って、まずは自分のリスニング力をちゃんと把握した上で、自分のレベルに合った、或いは自分のレベルよりやや簡単なものからスタートすることをオススメします。

 

では、現状の自分のリスニングレベルを把握するにはどうすれば良いのか?

 

自分のリスニングレベルが把握出来たら、どのようにして(どんな教材を使って)訓練すれば良いのか?

 

これらについては、以下のページで詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

 

→ 「初級者向けリスニング上達のための究極の方法

 

これ以降、わたしは簡単な英語の文章を徹底的に聞くことに専念したことで、リスニング力が飛躍的にアップしたような気がしています。

 

 


 

当サイトに関するご意見をお待ちしています。
ご意見等はこちらからお願い致します。