自分で発音できない言葉は聞き取れない! | オンライン英会話スクール比較サイト

オンライン英会話スクール比較サイト
オンライン英会話 > 英会話習得のための勉強法目次 > 自分で発音できない言葉は聞き取れない!?
MENU
オンライン英会話トップ
はじめての方へ
ビジネス英会話基礎知識
ビジネス英会話マル秘テク
グループ?マンツーマン?
オンラインスクール情報
レッスン受講までの流れ
英会話習得の為の勉強法
スカイプ攻略法
役立つ表現集
おすすめ教材
ベルギー情報
プロフィール
御意見投稿フォーム
リンク集
スクール紹介掲載基準

自分で発音できない言葉は聞き取れない!?


聞き取れない


リスニング力と自分の発音は一見別ものであるかのように思えますが、何か関係があるのでしょうか?


 

自分の発音する音が基準!


一般的に人間というのは自分が発音する音を基準にして聞き取っているそうです。


従って、同じ言葉でも自分が発音する音と違う音が聞こえた場合は、違う言葉として認識する、或いは認識できないということになってしまうという事です。


これは私がベルギー駐在時代の一例です。


日本では超高級車の「メルセデスベンツ」ですが、ヨーロッパではそこらじゅうで普通に走っていました。


ある時、現地のスタッフと車の話になったのですが、スタッフの一人がしきりに「メルスィーイース」と言っているのですが何の事だか全く理解出来ませんでした。


ところが、それを文字で書いてもらったら「Mercedes」、なんと「メルセデス」と言っていたのです。


私はその時まで「Mercedes」の発音は、「メルセデス("r"のところは舌を巻いて)」と発音していたので、「メルスィーイース」とスタッフが言った時は、何のことを言っているのか全く意味不明でした。


すなわち、私が「Mercedes」の正しい発音が出来ていなかった(知らなかった)為に聞き取れなかったという典型的な例ではないでしょうか?


ですから、正確なリスニングを行う為には自分自身の発音 (聞き取りの際の基準音) を可能な限りネイティブの発音に近づける必要があるようです。


このように考えると、英語の発音が苦手な日本人にとってリスニングが難しいと感じるのもうなずけますよね?


 

自分とネイティブの発音の違いを認識する!


録音機


ではどうやって自分の発音をネイティブの発音に近づけるかということですが、まず今の自分の発音がネイティブと比較してどうなのか? ということを知ることから始めましょう。


なるべく簡単な文章のものでネイティブの音声が録音されたCDなどを準備し、それと同じ文章を自分で読み録音します。


録音できたらネイティブの音声と録音された自分の発音がどれ位違うのか比較してみて下さい。


おそらくかなりの違いがあると思われますが、ネイティブとの発音の違いが認識できたら、あとはひたすら何度も何度もモノマネし練習あるのみです。


時々自分の発音を録音して進歩の度合いを把握していきましょう。


 

モノマネ方式で練習する!


発声練習


ただこの発音練習の際に、口の形や舌の位置などを鏡を見ながら練習する方法が書かれてあるテキストがよくありますが、細かい事を気にするよりはモノマネ方式でやったほうが進歩が早いと思います。


子供の頃、国語の時間に口の形や舌の位置などを先生から指導された覚えがありますか?


せいぜい 「もっとはっきり言いなさい!」 と叱られたくらいではないでしょうか?


あまり力まずに気楽に練習を行いましょう!


 

【関連ページ】

初級者向けリスニング上達のための究極の方法


 

←勉強法目次へ戻る


 



当サイトに関するご意見をお待ちしています。
ご意見等はこちらからお願い致します。

  

 

▲このページのトップへ戻る

*当サイト内の情報につきましては万全の注意を払っていますが、その内容について100%保証するものではありません。 なお、当サイト内の情報から生じたいかなる損害に対しても何ら責任を負うものではありませんので、ご自身の責任の基で御利用下さい。

Copyright (C) 2005 eigokoryaku.com All Rights Reserved.
オンライン英会話スクール比較サイト サイトマップ