ネイティブ講師による英会話レッスンが可能なスクール一覧

オンライン英会話スクール比較サイト
マイスカイイングリッシュ
オンライン英会話トップ > 比較一覧トップ
     > ネイティブ講師のスクール一覧
MENU

ネイティブ講師のスクール

エイゴックス
イングリッシュエブリウェア
【本物の英語と発音を
ネイティブ講師と学ぶスクール】
リンギン
バナー広告募集中
ネイティブ講師が 1名以上在籍しているオンライン英会話スクールの一覧です。こちらの「ネイティブ講師受講料比較一覧表」もご利用下さい。スクール名をクリックすると、詳しい紹介ページへ移動します。
Ecom英語ネット
入会金 :9,000 受講料 :2,775円〜 30分
教材費 :実費  他費用 : -  体験談 : 2
スモールワールド英会話家庭教師
入会金 :0 受講料 :760円〜 25分
教材費 :市販テキスト使用時実費 他費用 : - 体験談 : 5
ECCウェブレッスン
入会金 :8,400円 受講料 :3,564円〜 30分
教材費 :別途要  他費用 :4,980円  体験談 : 0
子供オンライン英会話Sレッスン
入会金 :0 受講料 :約512円〜 25分
教材費 :市販テキスト使用時実費 他費用 : - 体験談 : 5
イングリッシュエブリウェア
入会金 :0 受講料 :1,575円〜 30分
教材費 : -  他費用 : -  体験談 : 4
ベストティーチャー
入会金 :0 受講料 :月額 9,800円
教材費 : -  他費用 : -  体験談 : 5
エイゴックス
入会金 :0 受講料 :700円〜 25分
教材費 :市販テキスト使用時実費 他費用 : - 体験談 : 2
アットイングリッシュ
入会金 :0 受講料 :1,575〜1,785円 30分
教材費 :別途要  他費用 :3.570円  体験談 : 9
Eigopower(エイゴパワー)
入会金 :0 受講料 :367円〜 25分
教材費 :提携推薦テキストのみ有料 他費用: - 体験談:1
マイスカイイングリッシュ
入会金 :0 受講料 :962円〜 25分
教材費 : -  他費用 : -  体験談 : 23
Ling.en
入会金 :0 受講料 :1,350円〜 45分
教材費 : -  他費用 : -  体験談 : 5
TOPIC-TIME
入会金 :0円 受講料 :8.00USD〜 25分 (マンツーマン)
教材費 :不要  他費用 :不要  体験談 : 64件
Cafetalk
入会金 :0 受講料 :324 〜 3,240円 30分
教材費 : -  他費用 : -  体験談 : 24
グローバル・コミュニケーションズ
入会金 :21,000円 受講料 :1,575〜1,890円 15分
(マンツーマン&グループ)
教材費 :別途要  他費用 : -  体験談 : 0
アルクオンライン英会話
入会金 :0 受講料 :2,285円〜 25分
教材費 : -  他費用 : -  体験談 : 1
ワンズワードオンライン
入会金 :0 受講料 :1,700円 50分
教材費 :市販テキスト使用時実費 他費用: - 体験談: 36
イングリッシュベル英会話
入会金 :0 受講料 :385円〜 25分
教材費 :別途要  他費用 : -  体験談 : 15
ENGLISH METHOD
入会金 :0 受講料 :180円〜 25分
教材費 :購入希望者のみ実費 他費用 : - 体験談 : 1
English Talk
入会金 :0 受講料 :226円〜 25分
教材費 :別途要  他費用 : -  体験談 : 43
GO!GO!えいご!
入会金 :0 受講料 :800円〜 30分
教材費 :市販テキスト購入時実費 他費用 : - 体験談 : 6
ワールドウィングスター
入会金 :0 受講料 :300円〜 25分
教材費 : -  他費用 : -  体験談 : 5
ほうかごEnglish
入会金 :8,000円 受講料 :1,950円 25分
教材費 :3,300円 〜 3,750円 他費用: - 体験談 : 7
My Koala Club
入会金 :0 受講料 :1,500円〜 60分
教材費 :市販テキスト使用時実費 他費用 : - 体験談 : 8
ボストン倶楽部
入会金 :0 受講料 :945円 25分 (マンツーマン&グループ)
教材費 :市販テキスト使用時実費 他費用 :3,150円(月会費)
投稿数 : 2
Mainichi Eikaiwa
入会金 :0 受講料 :1,600円〜 50分
教材費: - 他費用: - 体験談: 0
ネイティブ講師が 1名以上在籍しているオンライン英会話スクールの一覧です。こちらの「ネイティブ講師受講料比較一覧表」もご利用下さい。

ネイティブ講師とは?

まずは、「ネイティブ講師」の定義から見ていきたいと思います。


「ネイティブ」の定義:その土地の人。原住の人々。


「ネイティブスピーカー」の定義:ある言語を母国語として話す人。


つまり、英会話を教えている「ネイティブ講師」とは、「英語を母国語として話す講師」という事になるでしょうか。


ネイティブ講師はどの国の人?

では、英語を母国語として話す講師=ネイティブ講師は、どこの国で生まれ育った人という事になるのでしょうか?


良く知られている国としては、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアといった国になると思いますが、これらの国の他にもネイティブの英語が使用されている国としては、ニュージーランド、南アフリカ、香港、インドなど多くの国が含まれています。


また、Harvard Business Review のデータによると、世界人口約70億人のうち実用レベルで英語を使っている人は約17,5億人、その中でネイティブスピーカーはわずか3,9億人だそうです。


つまり、世界中で実用レベルで英語を使っている人のうちの約78%は、ネイティブスピーカーではないという事になります。


という事は、世界レベルで考えた場合、「標準的な英語」とはネイティブスピーカーではない人が話す英語という事になってしまうかもしれませんね!


日本に住む日本人が耳にする英語は、そのほとんどがアメリカ英語かイギリス英語だと思いますが、世界に出て英語を使用する場合は、それ以外の英語がほとんどだという認識を持っていた方が良さそうです!


ネイティブ英語の方言について

日本語に方言があるのと同じようにネイティブの人が話す英語にも当然方言があります。


アメリカ英語だけで考えても、主な方言だけでも10種類以上あるそうです。


また、アメリカの東の端と西の端のエリアでは、発音だけでなく単語の意味まで違ってくるという事です。


日本語の場合で考えてみても標準語とはかなり異なる方言もたくさんありますし、日本人であっても鹿児島や東北地方の方言になると全く理解不能な方言までありますからね。


そのあたりまで考えると、英会話スクールでアメリカ人のネイティブ講師から英語も習う場合であっても、その講師が標準的な英語を話しているのか、かなり方言混じりの英語なのかを英語初心者の日本人が判断することはほぼ不可能に近いと思います。


ただ英会話スクールが採用している講師であれば、標準的な英語を話す人を採用しているであろうことを信じるしかありませんが。


ネイティブ英語の方言に関する参考ビデオ

You Tube にネイティブ英語の方言に関する面白い動画がアップされていましたので参考までにご覧ください。


英語圏の様々な英語なまり(海外セレブ編)


 

↑このページのトップへ戻る

 

ほとんど全てのスクールが入校前の無料体験レッスンを行っていますので、ホームページ上の情報だけで申し込みを行うことは避け、必ず無料体験レッスンを受け納得してから申し込みを行うようにしてください。 疑問点についても事前に資料を取り寄せたり、直接、各英会話スクールへ問い合わせなどを行い、十分に確認した上で最終的な決断を行ってください。

注)当サイト内の情報につきましては万全の注意を払っていますが、その内容について100%保証するものではありません。
なお当サイト内の情報から生じたいかなる損害に対しても何ら責任を負うものではありませんので、ご自身の責任の元でご利用下さい。 又、当サイト内に掲載している広告に関しましても、公平性の観点から当方による意図的な選別はしておりませんので、それによる損失等に関しましても一切責任を負えないことをご了解の上、ご利用下さい。

Copyright (C) 2005 eigokoryaku.com All Rights Reserved.
オンライン英会話スクール比較サイト サイトマップ