ビジネスコースがあるスクール

オンライン英会話スクール比較サイト
オンライン英会話トップ > 比較一覧トップ
     > ビジネスコースあり
MENU

ビジネス英会話コースありのスクール

Bizmates
EnglishTalk
バナー広告募集中
ホームページ上でビジネス英会話コースが明記されているスクールです。但し、「ご要望により対応」 といったところは除いています。スクール名をクリックすると、詳しい紹介ページへ移動します。
Bizmates (ビズメイツ)
入会金 : 0 受講料 :290円〜 25分
教材費 : -  他費用 : -  体験談 : 2
レアジョブ英会話
入会金 : 0 受講料 :169円〜 25分 (マンツーマン)
教材費 : -  他費用 :-  体験談 : 40
大人の英会話倶楽部
入会金 : 0 受講料 :172円〜 25分
教材費 :市販テキスト使用時実費 他費用 : - 体験談 : 10
キーアイ
入会金 : 0 受講料 :67円〜 25分
教材費 : -  他費用 : -  体験談 : 21
Ecom英語ネット
入会金 : 9,000円 受講料 :2.775円〜 30分
教材費 :実費  他費用 : -  体験談 : 2
スモールワールド英会話家庭教師
入会金 : 0 受講料 :760円〜 25分
教材費 :市販テキスト使用時実費 他費用 : - 体験談 : 5
プレミア英会話
入会金 : 0 受講料 :139円〜 25分
教材費 :市販テキスト使用時実費 他費用 : - 体験談 : 2
WiLLies English
入会金 : 0 受講料 :月額 6,000円 60分×週2回
教材費 :2〜3,000円程度 他費用 : - 体験談 : 2
ECCウェブレッスン
入会金 : 8,400円 受講料 :3,564円〜 30分
教材費 :別途要  他費用 :4,980円  体験談 : 0
イートック eTOC
入会金 : 0 受講料 :103円〜 25分
教材費 : -  他費用 : -  体験談 : 10
テノリエイゴ
入会金 : 0 受講料 :72円〜 25分
教材費 :市販テキスト使用時実費 他費用: - 体験談:13
イングリッシュエブリウェア
入会金 : 0 受講料 :1.575円〜 30分
教材費 : -  他費用 : -  体験談 : 4
ベストティーチャー
入会金 : 0 受講料 :月額 9,800円
教材費 : -  他費用 : -  体験談 : 5
英会話革命モーンパル
入会金 : 5,000円 受講料 :450円〜 25分
教材費 : -  他費用 : -  体験談 : 55
アットイングリッシュ
入会金 : 0 受講料 :1,575〜1,785円 30分
教材費 :別途要  他費用 :3.570円  体験談 : 9
QQEnglish
入会金 : 0 受講料 :278円〜 25分
教材費 : -  他費用 : -  体験談 : 68
マイスカイイングリッシュ
入会金 : 0 受講料 :304円〜 25分
教材費 : -  他費用 : -  体験談 : 23
オンライン英会話ジョイナス
入会金 : 0 受講料 :192円〜 25分
教材費 :市販テキスト使用時実費 他費用 : - 体験談 : 6
グローバル・コミュニケーションズ
入会金 : 21,000円 受講料 :1,575〜1,890円 15分
(マンツーマン&グループ)
教材費 :別途要  他費用 : -  体験談 : 0
アルクオンライン英会話
入会金 : 0 受講料 :2,285円〜 25分
教材費 : -  他費用 : -  体験談 : 1
イングリッシュベル英会話
入会金 : 0 受講料 :385円〜 25分
教材費 :別途要  他費用 : - 体験談 : 15
English Talk
入会金 : 0 受講料 :226円〜 25分
教材費 :別途要  他費用 : -  体験談 : 43
ワールドウィングスター
入会金 : 0 受講料 :300円〜 25分
教材費 : -  他費用 : -  体験談 : 5
ほうかごEnglish
入会金 : 8,000円 受講料 :1,950円 25分
教材費 : 3,300円 〜 3,750円 他費用: - 体験談:7
ビッグ・イージー
入会金 : 0 受講料 :210円〜 25分
教材費 : -  他費用 : -  体験談 : 1
My Koala Club
入会金 : 0 受講料 :1,500円〜 60分
教材費 :市販テキスト使用時実費 他費用 : - 体験談 : 8
インバウンド接客英語講座
入会金 : 0 受講料 :1,046円〜 25分
教材費 : - 他費用 : - 体験談 : 0
Mainichi Eikaiwa
入会金 : 0 受講料 :1,600円〜 50分
教材費: - 他費用: - 体験談: 0件
ホームページ上でビジネス英会話コースが明記されているスクールです。但し、「ご要望により対応」 といったところは除いています。


会議中

ビジネス英語の必要性

グローバルな展開を行う企業にとって、グローバル規模での情報共有や人材は欠かせないものとなってきています。


ビジネスをグローバルに展開していく上では、海外にあるグループ会社の社員やビジネスパートナーと一緒に仕事をしていく事が必要となります。


その際、ビジネス英語は不可欠なコミュニケーション手段となり、通訳を介した場合のコミュニケーションミスや時間ロスを大幅に解消できると考えられます。


また、インターネット上で発信されるビジネス上のグローバルな最新情報はそのほとんどが英語で発信されますので、それらの情報が日本語に翻訳されるのを待っていてはグローバル市場で勝ち抜くことは出来ないでしょう。


更には日本企業自体も、世界に向かって英語で発信していく必要があると思われます。


英語公用語化に伴うビジネス英語の必要性

日本の大手企業を見てみると、グループ会社を含む社内公用語を英語にする企業が徐々にしかも確実に増えつつあります。


代表的な企業の一例を挙げてみると、


1.楽天株式会社

2010年、社長の三木谷さんが社内英語公用語化を打ち出し、約2年間の移行期間を経て、2012年7月より社内公用語を英語に正式移行しました。


2.株式会社 ファーストリテイリング

ユニクロを展開しているファーストリテイリングも楽天と同年の2012年3月から社内英語公用語化を実施しています。

日本のオフィスであっても幹部レベルの会議や資料は全て英語に統一され、日本人に限らず中国人といった非英語圏の幹部や支店長クラスの人には英語研修を実施しているそうです。


3.シャープ株式会社

研究開発部門で英語を社内公用語化する方針を固めたとのこと。

国内外の研究開発体制が整うことから、英語を技術者同士の公用語として明確に位置づけ、全拠点で同時に開発を進めるという。


4.株式会社三井住友銀行

公用語化とはいかなくとも英語で仕事ができる人材を求めており、総合職の全行員約1万3,000人にTOEIC800点以上を目指すよう求めているようです。


このように英語の公用語化とまではいかなくとも、採用時や昇進・昇格時、あるいは海外赴任の基準としてTOEICを活用する企業は今後ますます増えてくるものと考えられます。


また、日本の企業であっても、上司が外国人であったり採用の比率が日本人よりも外国人が上回る、というような企業も年々増えてきているそうです。


上司が外国人であれば、当然のことながらミーティングも英語、提出する資料ももちろん英語になります。


このような現状を見ても、外資系企業に限らず日本の企業においても、今後ますますビジネス英語の必要性が高まってくることは間違いないと思われます。

 

「ビジネス英会話特集」ページはこちら→


 

↑このページのトップへ戻る

 

ほとんど全てのスクールが入校前の無料体験レッスンを行っていますので、ホームページ上の情報だけで申し込みを行うことは避け、必ず無料体験レッスンを受け納得してから申し込みを行うようにしてください。 疑問点についても事前に資料を取り寄せたり、直接、各英会話スクールへ問い合わせなどを行い、十分に確認した上で最終的な決断を行ってください。

注)当サイト内の情報につきましては万全の注意を払っていますが、その内容について100%保証するものではありません。
なお当サイト内の情報から生じたいかなる損害に対しても何ら責任を負うものではありませんので、ご自身の責任の元でご利用下さい。 又、当サイト内に掲載している広告に関しましても、公平性の観点から当方による意図的な選別はしておりませんので、それによる損失等に関しましても一切責任を負えないことをご了解の上、ご利用下さい。

Copyright (C) 2005 eigokoryaku.com All Rights Reserved.
オンライン英会話スクール比較サイト サイトマップ