間違った表現を使わない-オンライン英会話スクール比較サイト

オンライン英会話スクール比較サイト
オンライン英会話トップ > ビジネス英会話マル秘テクニックトップ > 間違った表現を使わない!
MENU

間違った表現を使わない!


怒っている男性


日本の常識は世界の非常識!」 という言葉がありますが、英会話教材のなかにも通常使ってはならない表現をどうどうと載せてあるテキストがたくさん存在しています。


■正しい表現を身につける!


前ページの「Please sit down.」の例もその一つなのですが、例えばあたなが人を導くときに「こちらへどうぞ」と言うときや、人にものをあげる時などに「はい、どうぞ」という意味で「Please」と言っていませんか?


これは日本人であれば、ほとんどの人が問題ない表現だと理解して使っていると思いますが、実はこれも間違った使い方なんです。


しかし、英会話教材の中に当たり前のように載っているものの中から、どうやってそれを見分けるかというのは非常に難しいことだと思います。


わたしの場合も、海外勤務をスタートして2〜3年後にやっと分ってきたくらいでしたから・・・・・。


■ビジネスの場面では 「外国人だから・・・」 では済まされない!


ミーティング


まあこのあたりについては日本人だからということで許してもらえそうですが、ビジネスの世界ではそうもいかないんです。


わたしもそのおかげで苦い経験を何度もしたことがありました。


例えば、商談の場面で知らずに間違った表現(本人は問題ないと思っていた)を使ってしまったおかげで、大事なお客様の気分を害してしまい、その後の商談がうまく進まなくなってしまい、現地スタッフから 「なぜそんな言い方をしたのか?」 と詰め寄られたことが何度かありました。


日本に長く住み、日本語もある程度話せる外国人から 「こっち来い!」 と言われた時に、外人だから仕方ないと思いつつもやはり少なからずムッとしますよね。


その感覚と同じ様なものだと思います。


あなたには私と同じような失敗をしてほしくないので、このサイト中でご紹介している 「表現集」 の中に間違った表現に対する解説もしていますのでぜひ参考にしてみて下さい。


 

⇒ 「滞在先の飲み屋へ通いつめる!」へ

 


 

当サイトに関するご意見をお待ちしています。
ご意見等はこちらからお願い致します。

 

 

▲このページのトップへ戻る

*当サイト内の情報につきましては万全の注意を払っていますが、その内容について100%保証するものではありません。 なお、当サイト内の情報から生じたいかなる損害に対しても何ら責任を負うものではありませんので、ご自身の責任の元で御利用下さい。

Copyright (C) 2005 eigokoryaku.com All Rights Reserved.
オンライン英会話スクール比較サイト サイトマップ